ブログ

(芸術の秋!)東京・銀座にある「アートアクアリウム美術館 GINZA」に行ってメタバースと幻想的な次世代アートを感じて来ました!

秋といえば「芸術の秋」って今でも言うのでしょうかねw。食欲の秋とか読書の秋とか昔から言われますが季節的に過ごし易いので毎日の生活の中に少しでも取り入れて秋を感じたいものです。

普段は殆ど美術館と言うような芸術に関わるような場所には行かないのですが、ネットの記事を見て行って見たくなり都内に出向いて見ました。

と言う事で出向いた先は銀座4丁目です!ここに来たのはいつ以来なのか全然覚えてないくらい久しぶりの銀座です。銀座で買い物する事はまず無いし、お目当てのお店がある訳でも無いので行く事は全く無かったのですが今回行って見ようと思った美術館がこちらでしたので意を決して来た次第です。久しぶりの銀座で少し緊張しましたねw。

チケットは入場する時間で売られておりネットで購入すると100円安いので入口近くのベンチで電子チケットを購入してそのまま時間になり入りました。ネットからですと2300円で通常は2400円です。意外と高いのですがそのお値段に見合ったものなのかは見てのお楽しみと言う感じです。中に入る人を見ると若い人が多い印象を受けました。高いチケット代でも入る所には人が入るんだなと。

そのまま流れに沿って進みこちらが入口のようなので入ります。来たのは三越銀座にある「アートアクアリウム美術館 GINZA」です。水槽の中にいる金魚を色々な形で演出してアートとして見せている美術館です。そしてメタバースでの実験的な展示もあると言うのにも少し興味を持ち来て見ました。私にアートは似合わないですがたまには良いのかなとw。

水槽の大きさもそうですが金魚も様々な種類がいてそこに色々なライトアップが施されいて想像より見応えがあるなと思いました。幻想的な雰囲気を十分演出していると思います。

進路もこのような感じで左右の水槽内にいる金魚を見ながら飽きさせる事なく展示がされてます。ライトアップの色も変化していてアート感満載です。

小さな水槽には様々な種類の金魚がいました。こんなに色々な金魚がいるんだなと今更ながら知りました。子供の頃に普通の金魚ですが飼っていた記憶が有りますが、観賞用に飼って見たくもなりましたねw。癒されそうな気がしますが、そう思うのは最初だけかな、、。

その他にも色々な形をした水槽の中に金魚がいてライトアップされているのを鑑賞しました。大人でも見応え十分だと思います。美術館でこんなに幻想的な空間に来たのはいつ以来なのか、もしかして初めてなのかも知れません。これだけ色々な形で見せられると料金は妥当だなと感じましたし、実際にこれは随分お金が掛かっているなと思いましたね。

有名な方のお花のアートもありました。とても映えますね!

出口付近には過去のポスターが展示されてました。私は今回来るまで知りませんでしたが以前から行われているんですね。とても見応えがある内容だったと思いましたしお値段以上の価値はあったと感じました。

出口とは違う方向に進むとメタバースの展示がありました。この映像の後ろに立って体を動かすと映像の金魚がそれに合わせて動くとの事で試して見ましたがそのような雰囲気は後で動画を見るとありました。もっとこれから色々な体験をメタバースで出来るのかこれからに期待したいですね。

その横にはメタバースと言うよりは、どちらかと言うと3D技術を用いた感じのタブレットのゲームがありましたので並んで行って見ました。

やり方が余り良く分からず適当に操作して見ましたが、今回の展示内容に沿ったゲームは今後更に進歩して現実とメタバースとで融合して行く感じになるのかなと思いました。世の中の流れについていけるように私も色々とアンテナを張って体験して見たいなと感じましたね。

と言う事でこの後は少し銀座の歩行者天国を折角なのでブラブラして銀座を後にしました。超久しぶりの銀座でしたがこのようなきっかけが有ればまた来て見たいです。

「アートアクアリウム美術館 GINZA」ですがとても幻想的なアートが見れるので気になった方は是非行って見て頂きたいですね。お値段以上の価値はあると思います!

一連の様子は動画にもしてますので合わせてご覧下さい。

 

-ブログ

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5