旅行

(2019年12月)中国北京の天安門広場を夜に散策して来ました!

このブログはみんカラで記載したエントリーを移行して改変したブログです。

中国北京に12月に旅行したのですがその時は非常に寒かったのを覚えてます。

そんな中で、北京市内を歩き回って観光してまして、夜にショッピングモール(東方新天地)で食事してから宿泊ホテルへ戻ろうと地下鉄を調べると、結構効率悪くグルッと遠回りして行くような感じでして、逆に歩いても時間は掛かりそうですが天安門広場近くを通りながら行けそうな事が分かった為に、天安門広場を経由して歩いてホテルへ戻って見る事にしました。

と言う事でGoogle Map先生を頼りに天安門広場の前の道に出れました。スマホのSIMはGoogleの遮断を恐れてネットで調べて香港経由のものを準備していたのですが、本当に正解だと思いましたね。使い慣れている地図アプリを海外で使えるのは心強いです。この道をずっと歩いていきます。この辺りは決して人が多くて明るいという感じでは無かったのですが、怖さと言うのは全く有りませんでした。

高さは凄い有ると言う訳では無いのですが、横に大きいホテルや博物館等の建物を見ながら道を歩きます。地元の人よりも明らかに観光客っぽい人しかこの辺りは歩いて無かったですね

ようやく天安門広場が見えて来ました。この辺りまで来ると人も多くいましたね。因みにここに来る途中でもパスポートチェックと荷物検査が一か所ですが有りました。来た初日は戸惑いましたがこの辺りではもう何度か経験しましたので慣れましたね。

と言う事でこの日の朝に来た天安門広場に夜に再び戻ってくる形で到着です。
ライトアップされていて、朝ほどでは無いですが多くの観光客が寒い中見てました。

夜の方が綺麗と言うか幻想的な感じにも見えました。寒さを少し忘れる時ですね。この時間はクローズされているので先へは進めません。

こちらが振り返って見た正面広場です。
この時間帯は中央の広場へは入れないようでした。

見学を終えてホテルへ向かいます。途中で振り返って天安門広場を見た一枚です。

朝来た道を逆方向に歩いて戻ります。
向こう側には行けませんでしたがライトアップされていて幻想的な景色を見ながらの歩きとなります。

ようやく前門大街の所まで戻って来ました。夜と行っても7時過ぎだったと記憶してますが寒い中多くの観光客がいました。

少し散策してコンビニで部屋で摘まむようのお菓子等を購入して無事にホテルへ戻りました。

と言う感じでこの日は朝から夜まで歩き回って結果的にはこの日だけで39000歩以上歩いてました。どうりで疲れるはずですよね。充実した日では有ったので良かったですけどね。

結果論ですが、夜の天安門広場を見れて本当に良かったと感じました。

ライトアップされていて綺麗だったのも有りますが、朝来た時より人も少なかったので比較的ゆっくり思うがままに見れたのも印象良かった一因だったと思います。

 

-旅行

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5