食事

幸楽苑から期間限定で販売された「㐂伝らーめん(こってり)」を実食!

先日ですがリンク先の情報を見て幸楽苑へ食べに行って来ました。幸楽苑へはアクセス的に行動範囲内にお店があるので通常メニューも含めて定期的に行ってまして、新商品が出てくると「今度行った時にはこれにしようかな」的な感じで試しに行っているのがある意味ルーティンになってますw。

行った当日ですが10月にしては暑い日でして「ラーメン日和」かと言われるとそうでも無い気候でしたが試して見る気満々でしたので予定通り店舗に来ました。

期間限定販売されているメニューは幾つかあってどれにしようか少し迷ったのですが、この日は普段苦手な「こってり」になぜか目が行き「ん(こってり)」を注文して見る事にしました。幸楽苑で「こってり」は珍しいなと思ったからなのですが、天下一品のようなかなりの感じになっているんでしょうかね。

 

そして出て来たのがこちらです。

「魚プ」と言う事ですがそこは幸楽苑。癖が全くなくどなたでも食べれるようにバランスされてます。「こってり」と言う事で背脂も入ってますが、私のように「こってり」がそれ程得意では無い人でもそれ程気にする事なく食べれる「こってり」感です。逆に言うと天下一品のような感じを期待しているのであれば物足りなく感じると思うので避けた方が良いと感じます。

自分的にはこの適度なバランス感が比較的好みで食べ易く美味しいと感じました。魚介醤油も強過ぎると癖を感じて最初は美味しく感じても途中からしんどくなってくる事も私の場合は有りますが、程々の「魚介醤油」、程々の「とんこつ」、程々の「こってり」が自分には良かったようです。普段から「こってり」感、或いは「とんこつ」感を期待するのであれば回避しましょう。別のお店に行った方が幸せだと思います。

幸楽苑はチェーン店なのである意味「らしい」バランス感なのかなと。色々なタイプのお客さんが来ると思うのでお店の客層を意識したバランスを考えているのでしょう。

気になった方は期間限定ですので忘れる前に食べに行って見ましょう。

一連の様子はビデオにもしましたので合わせて雰囲気をご覧下さい。

 

-食事

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5