旅行

JALで羽田空港から関西国際空港へフライトしました!

こちらに記載してあるブログの続きです。

予想より早く羽田空港に到着出来て良かったです。早朝便だと朝無事に空港に辿り着けるのが苦労する点ですが到着してしまえば取り敢えず安心です。

早朝とは言え年末の時期に空港は閑散としてましたね。

個人的には複数人でマスク無しの飲食はどうかと思うのですが、飛行機に限らず新幹線等の電車でも同様ですが常識的なマナーを守って一人二人の少人数、若しくは家族で移動する分には良いとは思っているのですがどうなのでしょうか。また緊急事態宣言と言うのが見えてますので利用状況がどうなるのか気になりますし、それが回りに回って経済が自分の所にも跳ね返ってくる事が当然考えられるので難しい所です。

年末の時期なのに欠航も目立ちましたね。

保安検査場も人がいなくスカスカでしたので、JALはステータス有りますが通常のセキュリティチェックを利用させて頂きました。

セキュリティを抜けた後です。

早朝とは言え地方空港ではなく、羽田空港の様子ですからね。混雑し過ぎるのも嫌ですがこれだと色々な意味で心配になります。

早く到着して時間に余裕が有りましたのでサクララウンジを利用させて頂きました。

こちらもスカスカでして怖いくらいでした。

飲み物とスナックを頂きながら時間まで待ってました。

夜明け前の国際線ターミナル方面の景色が見えたのですが多くの飛行機が止まってましてどこを見ても寂しいばかりです。

出発時刻に近くなりましたので早めにゲートまで来る事にしました。

前日に座席状況を見ていてかなり空席が有るなと思っていたのですが、、、

搭乗口付近もこんな感じでして優先搭乗は全く必要ないくらいの状態でした。

伊丹よりは関空の方がマイナーな路線だとは思いますが、それでも年末の東京・大阪路線ですからね。この状況は淋し過ぎます、、。

今回お世話になる737-800型機です。羽田・関空は初めての経験でしてどんな機材なのかと思ったらこのサイズの飛行機で飛ばしているんですね。

座席は後ろの方を指定しました。

前日の様子では前後の列で人がいない状態でしたが当日も私の周りには全然人がいない状態でした。

むしろクラスJや前方の席に人がいまして皆さん早く出たいと言う事なんでしょうが、空いているのが目に見えていたので人の少ない後部座席側に指定していたのですがそれで大正解でした。後ろにいても大幅に機内から出るのが遅れるような混雑では無いですしね。

と言う事でこちらが機内の様子です。

ざっと見て3割程度の感覚でした。

機内サービスでは事前にこちらの記事を見ていたので「スカイタイム ももとぶどう」を迷わず選んで見ました。非常に飲み易くて良かったと思いましたね。

関空までは約1時間のフライトです。以前に成田空港からLCCで関空に来た事は有ったのですが羽田空港からは初めての経験でして興味深く窓の景色を見させて頂きました。伊丹では到着直前に大阪市内上空を通過して、大阪城や大阪駅、淀川等を見て「大阪へ来た」感を感じるものですが、関空の場合ですと全く異なり和歌山方面からだと思いますが海上を徐々に降下し海上空港で有る関空に着陸するので少し新鮮な感じがしましたね。良い経験になったと思います。

関空も予想通り閑散としてました。

当日は朝まで雨が降っていたようですが、到着した時には雨も止んで一安心です。

これから12時間後にはここへ戻って来て東京へ帰りますが、日帰りでどこへ行って見たのかは次回以降で順を追って記載させて頂きます。

羽田空港から関西国際空港までのフライトの様子はビデオにも纏めて見ましたので宜しければ合わせてご覧下さい。

-旅行

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5