旅行

(2019年3月)JR釧路駅からJR根室駅までローカル線・青春18きっぷの旅をして来ました!

このブログはみんカラで記載したエントリーを移行して少し改変したブログです。

少し前にこちらのブログで釧路駅から網走駅までの釧網本線での様子を記載しましたが、その前日は釧路駅から根室駅へ18きっぷで行ってました。このブログはその時の様子です。

この日は釧路空港からJR釧路駅にバス移動して到着して駅構内で簡単に腹ごしらえを行い、根室へ向かう計画を立ててました。

乗りたかったこの「快速ノサップ」に乗車して根室へ向かいます。これを逃すと予定が大幅に狂うので一安心ですね。この電車に乗り遅れるとまた2時間後なので事実上納沙布岬に行って帰ってくる事が出来ません。この日は釧路駅前に宿泊しますので、この電車に乗って根室へ行く事が必須でした。訪問したのは3月と言う事で「青春18きっぷ」を使います。

18切符の時期なので万が一座れなかったらどうしようかと思いながら一両編成の電車に向かいます。

なんとか窓際をしかも狙ってた海側を確保出来たので一安心です。
ここから2時間強の普通列車の旅です。

海沿いを所々走っているのですが、海沿いに出るたびに色々な風景を見せてくれます。凍っていたりそうで無かったり。特に何かある訳ではなく景色を見ているだけで意外と時間を過ごせます。北海道らしい自然の厳しさも感じました。

厚岸駅は記憶が正しければ、この路線の唯一の有人駅です。
殆どが無人駅ですし、しかも駅と言えるような建物がある訳でも無い所も多数あります。

途中駅ですが、ルパン三世がいました。
作者に所縁のある場所のようでして、途中ですれ違った電車には車体に書かれてました。

これも駅です。
電車が止まらなかったら正直駅かどうかわかないような所が幾つもありましたね。

途中ですが、汽笛を鳴らして速度を落とす事が何度もありました。
最初は何かと思ったのですが、鹿が原因でした。余りにも回数が多いので、線路のある所に鹿がいると言うよりも鹿がいる所に電車が来ると言う感じにさえ思えましたね。鹿も慣れているのか電車の汽笛では簡単に線路から離れないんですねw。運転手さんも大変だと思いました。夜はちゃんと気がつくのかな。

ずっと北海道らしい広大な景色を見ていたのですが町並みが見えて来ましてようやく根室に近くなって来たようです。明らかに街中ですねw。

2時間強のローカル線の旅を終えてようやく根室駅に到着です。
いやぁ、、、来るところまで来てしまったと言う感じですかね。本当にはるばるここまで自分が来てしまいましたw。

最東端にある駅は一つ手前の東根室駅ですが無人駅です。有人駅でとなるとこちらの根室駅になります。

根室駅の案内です。何となく昔風と言うか昭和風に見えましたが恐らく昔からの案内なんでしょうね。

折り返しの電車を待っている人がいました。
時刻表にある通り一日の本数が少ないので乗り遅れないように行動する必要があります。

折角なので記念に一枚購入しました。なかなかここまで来れないですしね。

こちらが根室駅の駅舎です。と言う事でここから行く場所はあそこしか無いですね!
その様子もこちらのブログに順次移行して行ければと思ってます。

この釧路・根室間のローカル線旅ですが海の厳しさ、エゾシカの影響で減速したり広大な北海道らしい景色を見たりとなかなか味わえないような経験を出来たと思ってます。ご興味ある方はいつか経験して見て欲しいなと思いますし、私自身もまだ多くの北海道の路線を経験してないのでいつか他の路線も乗車したいと虎視眈々と思ってます!

 

-旅行

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5