ブログ

(Vlog 第1章) 2021年10月某日・有楽町駅から東京駅まで散策しました!

2021年10月某日ですが都内を1日歩き回ってました。

何回かに分けてVlog風?!な感じでこの日の動き回った様子を記載して見ようと思います。

前日に天気が良くなる事を確認して早朝に有楽町駅に来ました。ここに来るのは久しぶりでしていつ以来かと思い出そうとしましたが思い出せませんでしたw。本当にご無沙汰してます。

当日は秋晴れの穏やかな日でして前日に天気予報を確認して来たのですが予報がちゃんと当たって良かったです。交通会館も久しぶりに見ました。ここも歴史ある複合ビルです。

有楽町に来たのは久しぶりに映画館で映画を見てみようかなと言う気になりまして来ました。昨年コロナ禍の状態になってから、映画館に来る事は無くてその間はPCで映画を家で見る事は有りましたが、たまには大画面・良い音響施設でと思った次第です。但しそうは言っても少しでも空いている方が良いので朝一の上映に合わせて来たと言う流れです。

今回見るのはこちらの「コレクティブ・国家の嘘」と言う映画です。このようなドキュメンタリー的な映画は自分としては結構好きな分野です。自分なりに色々と考えさせられますからね。

座席を確保した後は一旦有楽町駅前に行って喫茶店でモーニング食べながら上映開始まで待ちました。映画館も駅前のアクセス良い所です。都内でモーニング食べて寛いでいるのはいつ以来なのか。毎日通勤していた時にはこのような事は普通にあったのですが在宅勤務に移行してからそもそも朝の時間帯に外で食べる事が少なくなりました。

美味しく頂いた後は上映時間に合わせて映画館に戻って約2時間弱の映画を興味深く拝見しました。

自分の両横にはお客さんが居なくて中央席を確保出来たので快適に見る事が出来ました。そして自分的にはこのようなドキュメンタリー的な映画はやはり相性良いと感じましたし色々と考えさせられました。

映画終わった頃にはお昼になってまして有楽町駅前には朝とは異なり人が多くいました。

映画鑑賞の後の次の目的地はお隣の東京駅です。交通費をケチった訳では決して無いのですがw、この区間は短いのと風もなく天気が良い日でしたのでゆっくり歩いて東京駅に向かいました。線路沿いを歩けるので迷う事はありません。

東京駅近くになる頃には、はとバスの乗り場もあります。都民なので東京都内をわざわざはとバスで観光しようとは余り思わず、未だに乗車した事がありませんw。いつでも乗車出来るとは思わず、機会を伺いながら乗車するようにしたいと思います。自分の知らない東京も多々有りそうですしね。

そして東京駅丸の内側に到着です。昼でも夜でもいつ来ても東京駅丸の内側の駅舎は雰囲気が良いですね。多くの人が思い思いに記念撮影等をしてました。いつまでもこの風情ある建物を維持して頂きたいと思いました。

東京駅に来た理由はこちらの「東京ステーションギャラリー」を見たかった為です。以前から場所も知っていて来ようと思ってましたが漸くこのタイミングで実現しました。

この時には小早川秋聲の展示でしてこちらは勿論撮影NGですのでその分見学する事に集中しました。個人的には作品の素晴らしさは勿論ありましたが、何より驚いたのは改札横にあるのに非常に静かで東京駅構内にあるギャラリーとは思えない感じだった事です。落ち着いて鑑賞出来て良かったと思いました。

2階の作品展示場から外に出ると東京駅の歴史を展示するスペースがありました。様々な人や技術、そして苦労があって今があると言う事を順を追って見る事が出来るので興味深く見学出来ます。出口はこのまま2階のお土産売り場を経て駅に出ると言う感じでした。上手くスペースを有効活用してギャラリーを運営してました。

初めて来ましたが見学して見て良かったです。自分の場合には絵画と言うよりはステーションギャラリーそのものにむしろ興味あったので来たのですが絵画もギャラリーもどちらも素晴らしいです。

と言う事で東京駅ステーションギャラリーの見学を終えましたが、この後は東京駅から別の場所に移動しますがその様子は次回で。

一連の様子は動画にもしてますので合わせてご参考下さい。

 

-ブログ

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5