旅行 食事

鳥取市内を観光!(すなば珈琲、鳥取城跡、鳥取砂丘、武蔵屋食堂)

鳥取空港に到着した続きです。

空港ビル内で予定していたすなば珈琲が営業して無かったので、本当はここでモーニングしてからレンタカーを借りて観光しようと思ってたのですが、予定変更して先にレンタカーを借りました。

今回は初鳥取県の為に冬の鳥取県のイメージが分からず雪やアイスバーンで雪道に慣れてない人だと難しいかなと思いつつ、JRやバスだと有る程度制限が有るなと思いどうしようか悩んでました。

行く前日に天気予報を確認して雪道は大丈夫だろうなと言う予想が出来たのでレンタカーを借りる事にしました。移動がし易いのと借りるもう一つの理由は鳥取県がレンタカーの割引キャンペーンをしてましてお得に借りれる事を事前に把握していた為でもあります。

実際に借りる際に鳥取県内での予約したホテルを確認されるので予約メールを見せて割引を受ける事が出来ました。しかも私が利用したANA291便利用者の場合には基本料金の上限を5000円に拡大して割り引いて頂けるので非常にお得に借りる事が出来ました。これもあって頑張って早朝に移動して来た次第です。

レンタカーを借りた後ですが頭の中は「すなば珈琲」しか無かったので市内の店舗で早朝にやっているお店を探しました。

そしてたどり着いたのがこちらの「アートプレイスすなば珈琲」さんです。情報的には営業していたのですが実際に店舗前に到着して開いている事を確認するまでヒヤヒヤでしたね。なんせ歩いている人がいなかったので、、。

メニューを見ると想像以上に色々なメニューが有るんだなと思いました。事前のイメージはスターバックスのように珈琲中心かなと思ったのですが食事のメニューの多さに驚きました。

到着したのは朝の9時前でガッツリ食べるような感じでは全然無かったのでモーニングの「トーストセット」にして見ました。そして出て来たのがこちらです。珈琲とトースト、サラダにゆで卵がついて550円です。珈琲の味や量も申し分ないと思いました。文化会館の中庭を眺めながら静かに朝のひと時を過ごしました。今は鳥取県内にもスターバックスがあると思いますが、正直全然こちらの方がコスパ良く色々なメニューが有るので良いと思います。勿論コメダと比べても断然コスパが上です。店内も雰囲気良くレイアウトされていてこの辺りの方は羨ましいなと感じました。個人的にも空港で行けなくて残念でしたがこちらですなば珈琲を経験出来て本当に良かったと思いました。

そう言えば鳥取市の珈琲消費量は全国の政令指定都市でも上位のようです。こちらのお店も大いに市内の珈琲文化に貢献しているんでしょうね。

モーニングを頂いた後は車で数分の所にある鳥取城跡に来て見ました。こちらは公園になっていて城も無いので無料で自由に敷地内を散策出来ます。当日も公園内で散策している人は勿論、ここから山の上までハイキングコースになっているようで山の上へ行く人もいました。

上へ登って行くと石垣も見えてくると確かにこの辺りに城があったんだなと歴史ロマンを感じます。

更に上に進むとこんな注意が有りました。ここから山へ入る人向けと言う事だと思いますが山から降りて市街地に入ってくる事なんてあるのかなと少し思ってしまいました。結構近い場所にいると怖さを感じます。

そして天球丸跡から見た鳥取市内の景色です。高いビルが沢山あると言う訳ではないので遠くまで見渡せる良い景観でした。ここまで来るのに程良い高さで朝の散歩にちょうど良い感じでした。

鳥取城跡の散策後はいよいよ鳥取砂丘に移動です。まずは上から見てみようかなと思いまして「見晴らしの丘」に来て見ました。ここの駐車場は無料でした。

ここからリフトで降って鳥取砂丘を見に行けるようです。結果論ですがリストを使って見に行く方が良かったかもです。と言うのも砂丘入口の駐車場は有料なので、こちらで無料で止めてそのお金をリフトに使う方がアクティビティとしては良いのではと思います。今度来る事があるのか今はまだ分かりませんがその際にはそうして見ようかなと思ってます。

鳥取砂丘入口の駐車場で駐車料金を支払って最初に来たのが目の前にあるビジターセンターです。ここで砂丘のお勉強を軽くしてから見に行こうかなと思いまして無料な事もあり入って見ました。

砂丘の出来るまでもそうですがその維持や歴史も色々と紹介されており良い経験になりました。

そしていよいよ鳥取砂丘の見学です。やはり鳥取県と言えば鳥取砂丘と答える人がかなり多いのではないでしょうか。ベタですがやはりここは外せないなと思いまして来ました。

ビジターセンターから少し歩いた所に砂丘の入口がありました。この階段を進むようです。

階段登って直ぐの所からの様子です。冬の午前中と言う事で寒かったですが人も少なくゆっくり歩いて見れそうです。第一印象は広さは想像の範囲内でしたが高低差が非常にあるんだなと思いました。

中央付近が一番低い場所で海側と駐車場側に高い砂の壁があるようなイメージです。この高い砂の壁の向こう側に日本海が見えるので自分のペースを守って上に登って行きます。夏場は日差しを避ける場所も無いし、恐らく砂場も暑くなったり照り返しもあると思いますので夏の時期に来る人はペットボトル持参して散策した方が良さそうです。

自分のペースで上まで登って行きます。坂と言う事もありますが足を砂に取られてりして歩き難い事もあり結構体力を使います。

そしてようやく日本海を見る事が出来ました。海岸に近いのですが砂が堆積して高さがあるので海岸まで行くには垂直近い砂場を一気に降りるか緩やかな場所を探して降りるかのどちらかです。当日は寒さもあって海岸近くまで行く人はいませんでしたし、私もここまでで良いかなと感じました。

そこから来た方向を見るとこんな感じです。中央が窪んでいるので一旦降ってまた登ってと言う感じです。

この後は自分のペースで駐車場まで戻りました。意外と体力を使いましたが当日は寒かったので体が温まる感じにもなりました。一度来て見たいなと思ってたので鳥取砂丘を見学出来て良かったです。

鳥取市から離れる前に立ち寄ったのがこちらの「武蔵屋食堂」さんです。こちらでご当地ラーメンの「素ラーメン」を食べて見たく来て見ました。

メニューはこちらです。お昼前なのに店内には予想以上にお客さんがいたのでお昼には下手したら直ぐに入れ無いかも知れません。迷わず「素ラーメン」(500円)を注文しましたが他のお客さんも大半はそれを注文してました。

こちらが出て来た「素ラーメン」です。確かに見た事が無い見た目です。うどん出汁にラーメンが入っていてかまぼこ、もやし、ねぎとシンプルな構成です。実際に食べて見るとうどんとラーメンのコラボと言うべきなのか、和風の出汁がとても食べ易くて美味しかったです。ちょっと食欲がない、体調が思わしくない時でも食べれそうな優しい味で食べる事が出来て本当に良かったと思いました。

と言う感じで駆け足で鳥取市内をなんとか予定通りに観光出来ました。短時間でしたがポイントは押さえたかな?!

一連の様子は動画にもしてますので合わせてご参考下さい。

 

-旅行, 食事

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5