旅行 食事

(乗車記)山口県内を南北に縦断! 長門市駅→宇部新川駅 普通列車の旅

山陰線の長門市駅に来た続きです。この後は山口県内を縦断するような感じで南下し宇部新川駅を目指します。

と言う事で長門市駅構内に早めに入ったのですがやけに人が多くてこれからJR美祢線に乗車する人のようです。少し早めに並ぶようにしました。目の前にはキハ40系が入線してまして西へ向かう小串駅行きでした。そのままずっと下関まで乗り継いで行けるとは思いますがいつか乗車して見たい路線です。やっぱり18きっぷでローカル線旅をする人が多く居ますが、その人の気持ちが分かるような気がします。勿論JRとしては通常通り切符を購入して欲しいのでしょうけど、ローカル線に乗車するだけで長い時間の列車旅を楽しむのであれば利用者からすると18きっぷを利用したいですよね。

こちらの列車でまずは美祢線の終着・厚狭駅に向かいます。この車両には気が付くと私の後ろにも多くの人が並んでました。なぜこの路線だけ急に人の流れが変わったのか良く分かりませんでした。大半が観光客っぽいのでこの人達はどこから来たのかなと。

前の方に並んでたので座席は確保出来ましたがこの駅から立つ羽目になるお客さんも居ました。途中駅で乗り降りするような感じには見えませんでしたので大変ですし、18きっぷの時期だとそう言う事も発生し易くなるのでしょうね。

定刻で長門市駅を出発です。ロングシートで直ぐ横にも乗客がいましたし、背中に車窓からの景色でしたのでJR美祢線の区間では残念ながら余り撮影が出来ませんでした。

JR美祢線に乗車する前に山陰線の景観の良い路線を通ってたのでそれに比べると南北に内陸部を縦断するこの路線は景色的には普通のローカル線の景色です。途中に深川川沿いを通る区間がありまして開けた景色は良かったと思いました。景色の撮影は余り出来ませんでしたが、ローカル線が混雑していたのは本当に良かったと思います。厚狭駅に近くなると地元の人と思われる方も乗車して来てまして、やはり地元の人が乗車するローカル線は良いなと思いました。やっぱり観光客だけではなく地元の方に利用されるべきだと考えてますしそうあるべきだと思います。

そしてJR厚狭駅に到着です。結局長門市駅から立っている人はずっと立ってました。途中の駅でそこそこ大きい駅があるようでも無かったので仕方ないですが18きっぷシーズンは覚悟が必要ですね。逆に見方を変えれば外の景色が撮影し易いと言えますので乗車目的によって苦になったりならなかったりと言う感じでしょうか。

 JR厚狭駅は新幹線駅も有りましてここから東京へ戻る事も出来ますが、帰りもJALの「どこかにマイル」で飛行機利用ですので空港を目指します。多くのお客さんは雰囲気的に新幹線ホームに行ったように見えました。

乗車した列車とは別の列車が長門市駅に向けて出て行きました。見た感じでは空いてまして自分が元々イメージしていたようなお客さんの数でした。南北を縦断する路線は初日、二日目に利用した山口線も同じです。このエリアは車社会と認識はしてますが、地元の方も可能な場合にはJRを利用して頂き将来に渡って維持出来るよう祈るばかりです。

厚狭駅からはこちらの列車で宇部新川駅を引き続き目指します。このエリアの列車は東京から来た私には変わった形の列車ばかりで新鮮な感じがします。

暫くは山陽本線を通ります。この日の最初は山陰線に乗車して来たのですが雰囲気は全然異なりこちらは複線で電化されてます。列車編成は3両くらいでそれ程長いと言う感じではないのは同じです。

小野田駅から右側に小野田線が分岐して行きますがそのまま山陽本線を走行します。小野田線経由でも宇部新川駅には行けるようですが乗車した列車が宇部新川駅行きなのでこのまま勿論乗車し続けます。

そして宇部駅に到着です。この駅から山陽本線を離れて宇部線に入ります。

宇部線は単線でした。加えて宇部新川駅までの途中駅は無人駅のようです。普通に家が多くあって住宅街なのですが、無人駅で済む程利用者が少ないのでしょうか。もう一つの視点としては無人駅化が想像以上に進んでいるんだなと思い複雑な気持ちになりました。

そして宇部新川駅に到着です。この日は東萩駅から普通列車を乗り継いで来たのですが、思えば山口県内を結構ローカル線で乗車して来たんだなと実感しました。改めて思うのは山口県は広いなと。

乗り継ぎで新山口駅行きの列車が待ってました。この列車でも山口宇部空港に行く事が出来ますが、かなり早く到着してしまうのと、宇部新川駅の周辺がどんな感じか見て見たくなりここで降りる事にしました。ある程度の大きい駅と思ってまして安上がりに何か食べて喫茶店でゆっくり時間を潰そうと思ってたのですが、、、

宇部新川駅の構内はこんな感じでして建物は年季がかなり入ってました。

宇部市って100歳なんですね。おめでとうございます!正直こんなに長い歴史を持つ市だとは知りませんでした。宇部市と言う名前は勿論知ってましたが、どんなイメージかと言われると回答出来ない自分でして、ましてやこんなに長い歴史がある市とは驚きました。次は200歳目指してこれからも発展して欲しいなと思いますw!

駅前ロータリーはこんな感じでしてこの駅からバスが各方面に出ているようですが、食事や休憩出来そうなお店がここでも全く無さそうで意外でした。この駅では流石に何かあるだろうなとは予想してましたが、今回の旅行で行った駅ではどこも駅周辺にはお店がなく、相当山口県では車社会なのかなと思いました。個人的に特に衝撃的だったのは県庁のある山口駅でした。

仕方ないので適当に駅周辺を歩いて見ました。途中ではアーケード街もあって歩いて見たのですが殆どシャッター街と化していて厳しさを感じました。歩いて来る人はここでも恐らくいないのでアーケード街は全く人がいなくて、恐らく車が多く通る幹線道路沿いは店が色々と有るのではと思われます。実際に駅周辺を歩いていても殆ど歩いている人とすれ違う事も無かったです。ちょっと寂し過ぎるなと感じます。

結局途中で店を探すのは諦めて駅前に戻り、こちらの「一久 新川店」でラーメンを食べて空港に戻る事にしました。

特にこれが食べたいと言うような拘りが無かったのでシンプルに「ラーメン」を注文しました。600円は非常に安いですね。空港だと600円ではラーメンは食べれないので安く済ませるには空港に到着する前に出来るだけ食事を済ませたいものです。

そしてこちらが出て来た「ラーメン」です。味的には豚骨ですが全然くどいような感じが無くて正直期待以上の美味しさでした。麺は細麺でこれまた豚骨ラーメンのようですが、九州のそれより味が薄い訳でも濃い訳でも無く程々な感じが印象良かったのかも知れません。これで600円なら非常にコスパも良くて美味しくてなので素晴らしいと思いました。消去法的な感じで入ったのは事実ですが良い意味で期待を裏切るお店でした。空港到着前にこのような価格で美味しいラーメンが食べれて良かったです。

この後は山口宇部空港から羽田へ戻りますがその様子は次回で。

ここまでの一連の様子は動画にもしてますので合わせてご覧下さい。

 

-旅行, 食事

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5