旅行 食事

(乗車記)信越本線 高崎駅→横川駅

JR八高線で群馬県の高崎駅まで来た続きです。

高崎と言えば「だるま」ですね。駅構内にデカいだるまが展示してありました。最近はだるまをめっきり見なくなりましたがそのような事を思うのは私だけでしょうかね、、。

高崎駅からどうするのか?と言う事ですがこの後は信越本線を利用して横川駅に向かいます。「本線」とは言っても今は新幹線が出来てからは分断されてしまい、この横川までの区間と篠ノ井・長野の区間、そして直江津から新潟までが信越本線となってます。これだけ分断されていると第三セクターでJRでは無くなった所だけが、昔の呼称で残っているような雰囲気です。とても寂しくなりましたね。

高崎駅を出発して暫くすると左にそれて上越線&新幹線とお別れです。

最初の停車駅は北高崎駅です。駅の周りには商業施設もあり家もありで一駅離れたぐらいであれば全然街中と言う感じです。

続いての駅は群馬八幡駅です。高崎行きの列車が来る直前だと思いますが、それにしても多くのお客さんが待ってました。この辺りも家が多くあり電車の需要は普通に有るようです。

群馬八幡駅を過ぎてからは徐々にですが雰囲気が変わって来て緑が多くなって来た印象です。新幹線が出来る前は特急が走る主要な路線でしたので複線化となってます。

次の停車駅は安中駅です。北陸新幹線に安中榛名駅が有りますが地図を見ると全然離れています。この辺りの人は電車を使い易くなったのか否か、、。新幹線が出来てからどんな印象なんでしょうね。以前に安中榛名駅が最寄りで住宅を売り出している広告を見た記憶が有りますが今は移住とか進んでいるんでしょうか。このエリアは住みやすそうな印象を受けますが冬は厳しい気もします。このJR安中駅の近くにはざっと見る限りコンビニとかの店は無さそうに見えました。車社会だと思うのですが道路も広くなっている印象です。

安中駅を通過すると徐々に緑の度合いが多くなってきます。高崎駅近くの雰囲気とは一変する感じである意味このエリアらしい景色です。

次の停車駅は磯部駅です。少しずつ駅も寂しくなって来た印象です。

磯部駅を過ぎると安中付近より更に田舎の雰囲気となります。これから更に標高が上がって行くんだなと言うのを実感します。

松井田駅、西松井田駅と停車して次は終点の横川駅と言う所まで来ました。この辺りになると山が近くなって来ます。

そして西松井田駅を出て暫くは人が住んでないエリアを走行します。横川駅までの間が他より少し長かったです。横川駅に到着する間際に家が見えてきて電車の速度が落ちてゆっくりと横川駅に到着しました。横川駅直前までは家が全くと言って良い程無かったです。

と言う事で横川駅に到着すると目の前は線路が途切れてます。昔は信越本線として軽井沢、長野方面に繋がってましたがもう行けなくなってます。バスが横川と軽井沢間で有りますが公共交通機関はそれだけです。

駅横の駐車場には多くの車が停まってました。私のようにJRでここまで乗車して来るお客さんは勿論いましたが大勢居たのかとなるとそうでは無いので車でこの辺りに来る観光客の方が主流のようです。

この電車は勿論折り返しで高崎行きになります。乗車して来るお客さんは地元客っぽい人よりも圧倒的に観光客っぽい人が多かったです。高崎駅に近くなるに従って地元の人が利用する感じのように見受けられます。

横川駅の駅舎はこんな感じでこじんまりとした可愛らしい建物です。この駅に降り立ったのは2回目です。

到着したのがお昼でしたので駅前にあるおぎのやに来ました。

勿論釜めしを食べようと思い店舗内に入ったのですが「お名前を書いてお待ち下さい」と言われてしまいました、、。紙を見るとかなりの名前が記載してあったのでここで食べるのを諦めました。

駅の横のお店でも釜めしを売っているのを知っていたのでこちらに来て何なく購入する事が出来ました。天気は悪かったのですが夏で寒くは全然無いですし雨も止んだのでこのお店の前にあるテーブルで食べる事にします。

味噌汁が付いている定食タイプではなく単体で1200円で入手し久しぶりに美味しく釜めしを頂きました。変わらない見た目、味は安心して食べれる美味しさです。お店で長い時間駅前で待つくらいならこちらでサクッと食べる方が時間的なロスが無いのでオススメです。勿論寒い時期とかなら外で食べるのは厳しいとは思いますが、そもそも寒い時期なら混雑するくらい人も来ないと思うので何とかなるのではと予想します。前回来た時には春先で少し肌寒い時でしたがその時は余裕で店舗内で食事する事が出来ましたのでご参考まで。

お昼を美味しく釜めし食べて体的には準備万端です。この後はここから散策しますがその様子は次回で。

ここまでの一連の様子は動画にもしてますので合わせてご参考下さい。

 

 

-旅行, 食事

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5