悲報 食事

(松屋)親子丼をテスト販売していたので吉野家の印象を思い出しながら実際に食べてみた結果、、、

先日ですが松屋で親子丼をテスト販売している情報を見てテスト販売している店舗を確認すると少し遠征すれば行けそうな店舗で親子丼のテスト販売がされていたようなのでどんなものか試しに行って来ました。今回も牛丼(牛めし)での利用ではありませんがもう私的には松屋と言えば牛丼と言うイメージが薄れてますw、、。

実際にその店舗に行って見ると確かにポスターが貼ってあって松屋でもとうとう親子丼を提供するのかぁ、、、と少し鑑賞に浸ってしまいましたw。と言うのも以前に吉野家で食べた親子丼が非常に美味しくてこの価格帯でここまで出すのかと言う感想を持ったので、その後の後発である松屋はどんな感じなのかなと言うのが実際の所です。しかも吉野家の場合にはお値段が税込437円で単品、松屋は同じく税込500円ですが味噌汁が松屋の場合には付いているので値段差は妥当ですかね。但し吉野家は後から味噌汁を付けられると言う選択肢があると考えると吉野家の方が柔軟性はあるのでしょうかね。味噌汁が要らないとなった場合でも松屋は500円です。

券売機が新しくなっていてQR決済のみならずクレジットカードや幅広い電子マネー対応がなされてました。その中で今回はメルペイでクーポンを見つけたのでそれで支払いました。やはり色々な支払い方法を持ってその都度お得に支払いたいですね、、、面倒でもw。

そして出て来たのがこちらです。自分のブログを見返しても改めて思いましたが見た目は火がかなり通っている印象で「フワフワ」した印象は欠けますね。その代わりなのか落とし玉子が中央にあって崩して食べるようです。実際に食べて見ると正直大丈夫なのかと思ってしまいました。吉野家のを食べていた経験があったのもその理由かも知れません。

まず出汁が出てないと言うかパンチが無くイマイチ感しか無いです。見た目同様に玉子のフワフワした感じも無いので鶏肉やご飯との一体感も違う感じです。鶏肉はカレーのごろチキで使われているのと同じなのか大きくて良かったですが出汁の影響で味が薄い印象です。吉野家のは一つ一つの大きさは小さいかも知れませんが数もあるしフワフワした玉子とご飯と一緒に美味しく食べる事が出来ました。吉野家のを美味しく何度か食べていた私的にはもう少し改善の余地が有りそうな予感がしたのと、松屋が本気で挑んだのがこれなら逆の見方をすれば吉野家の親子丼は本当に凄かったと言う事が言えます。それでいてあの価格なので本当に販売が終わってしまったのが悔やまれます。

と言う事で厳しめの感想となってしまい申し訳ないですが、全国に販売が展開されるようになるのかどうかは分かりませんが、このままであればお勧めしにくいと言うのが正直な感想です。

一連の様子は軽く動画にしてますので合わせてご参考下さい。

 

 

-悲報, 食事

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5