旅行

関西空港駅から和歌山市駅への移動

関空に到着した後の続きです。

関西空港駅とJALが到着した第一ターミナルは直結してますので迷う事は無いです。

当日の朝は雨が降っていたようですが私が到着した際には雨は止んでました。天気予報を見るとこの後は回復する予報でしたので予想が当たる事を期待して駅へ向かいます。

駅はこんな感じでして降りてくる人はいましたがその人は券売機には当然行かないので私のようにここから行く人が年末の時期なのに全くいないと言う事です。駅員さんも少し手持ち無沙汰のようでした。分かる気はします、、、。

関空に到着した後にどこへ日帰りで行こうか事前に考えていたのですが、折角関空に来てますし、大阪市内よりは和歌山市内の方が蜜になる確率は低いだろうなと言う事でここから南海電鉄を利用して和歌山市駅を目指す事にしました。その際に事前にホームページを見ると和歌山観光きっぷと言うお得な切符の存在を見つけていましたので駅で購入しました。こちらの関西空港駅からですと片道しか買えないようですが、和歌山市駅までの片道切符と和歌山市内バスの一日乗車券、500円分の和歌山市駅ビル内の店舗で使えるグルメクーポン、そして和歌山市内の施設や店で使えるお得なクーポン等も付いて1420円でしたので破格だと思いますし、この後結局この日はバスに乗りまくった状態になりましたので購入して良かったですw。こちらでまずは南海電鉄を利用して和歌山市駅を目指します。

泉佐野駅で乗り換えて和歌山市駅へ目指しましたが、1時間も掛かりませんでした。車内も空いていたのでパンフレットを見ながら少し考えていた事もあり、余り時間を感じずに和歌山市駅に到着しました。

駅に到着すると変わった電車が有りまして、これに急遽乗車しようかとも一瞬思いましたが、加太まで行って友ヶ島まで船で行ければそうしていたのですが、冬の時期は休日のみでして当日は運休状態と言う事で、折角切符も購入したので予定通りこの駅で降りる事にしました。

この駅はかなり昔に来た事が有るのですが、その時には高架のホームだった記憶と失礼ながらレトロ感を感じる建物だった印象でしたがすっかり様変わりしてましたね。

そして外へ出て見ると立派な建物で以前の予想していた印象とは異なり驚きました。

飲食店や快活クラブも有るので色々な形で時間潰しも出来そうですし、ホテルも有りました。そして何より立派な図書館もあって結果的には利用しなかったのですが、もし早くこの駅に戻って来てしまったら時間潰しも出来るなと思いましたね。

その一方で駅前商店街は以前来た印象のままでした。

駅前には色々な建物が有ると言う訳では無いので駅前周辺で言うとJRの方が栄えていると言えそうな印象です。

この日は早朝から移動して来て何も食事して無かったので、早速グルメクーポンを建物内のPRONTOで使いモーニングを頂きました。ここで少しゆっくりしながらバスの時間をスマホで検索して時間調整をしつつ食事させて頂きました。

移動した様子はビデオにも纏めて見ましたので宜しければご覧下さい。

と言う事でここから最初にどこへ行ったのかは次回でと。

 

 

-旅行

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5