ブログ

ふるさと納税の返礼品で新ひだか町から「搾りたて生乳 ジェラートセット」を頂きました!

昨年のふるさと納税ですが何にしようか色々と迷っているうちに12月になってしまいました。

何かしないと折角の制度なので勿体無いと言う事で、12月から色々と探して結局2020年は2箇所に申し込みを実施し、その中の一つは新ひだか町にふるさと納税をさせて頂きました。

先日ですがその返礼品と言う事でジェラートセットを送付して頂きました!

中を開けたらこんな感じでジェラートがぎっしり入ってました。

午前中に届いたので、午後に食べようかと思いましてはやる気持ちを抑えて冷凍庫に入れて保存しましたね。

冷凍庫に入れる前に全部開けて見るとこんな感じで12個のうち半分が牛乳ミルク味で残りが一つずつ色々な味が入ってました。実際に食べて見ると近所のスーパーで購入するようなアイスとは比較してはいけないくらいの素晴らしいジェラートでして甘さも絶妙で濃厚な牛乳の美味しさを感じるとても美味しい一品でした。牛乳ミルク以外の味も有りましたが正直全部牛乳ミルク味でも良いくらいの内容でしたね。勿論他の味のも美味しいのですが、牛乳ミルク味は少し別格感を感じました。

本当にとても美味しく頂けて良かったです。ご馳走様でした。

さて、今回申し込んだ新ひだか町ですが返礼品から選んだのは正直なところでして、縁もゆかりもないですし、ここへ行った事も残念ながら有りません。

新千歳空港から新ひだか町に比較的近いところでは苫小牧までは行った事がありまして、、、

例えば苫小牧市内で人生初のカレーラーメンを食べた事も有りましたね。

振り返って見るとこのラーメンはまた食べて見たいと思わせる内容でして、食べる前はカレーとラーメンの組み合わせはどんな感じかなと思ったものですが、スパイシーなスープと麺が非常にマッチしていて感動するレベルと言っても大げさではない美味しさだったのを覚えてます。

逆方向で言えば別の時期に帯広空港から襟裳岬までは行った事が有ります。

帯広空港からひたすらドライブしてようやく辿り着いたのを覚えてます。

ここに来る前はそこそこ走れば到着するだろうと言う感じで高を括ってましたが北海道の広さを痛感した次第です。到着したら到着したで北海道の自然の厳しさを襟裳岬で感じましたね。それでも壮大な景色を見てここまで来たと言う達成感を感じたものです。

乱暴に言ってしまうと苫小牧市と襟裳岬のあるえりも町の間にあるのが新ひだか町だと認識してますがここへはまだ足を踏み入れた事が有りません。ホームページ見るとやはり新千歳空港からのアクセスとなるようですが、バスやレンタカーでもそれなりの覚悟を持って行く必要が有りそうですねw。

電車となると苫小牧から途中まではあるようですが、一部の区間はバス代行と言う事でこちらもハードル有りそうです。加えて私のようなヤワな人には季節選ばないと北海道の大自然に跳ね返されそうですね。

それでもふるさと納税をきっかけにこの街を知る機会にはなったのは事実なので、いつかは足を踏み入れてどんな場所なのか見て見たいとは思ってますので、将来の目標の一つにしておきたいと思ってます。

改めて素敵な返礼品を有難う御座いました!

 

-ブログ

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5