食事

幸楽苑「創業祭」の第一弾!「雪見だいふく meets 塩らーめん」を食べて見た結果、、、

幸楽苑って定期的に行っていてブログも色々と記載はさせて頂いてますが、67年の歴史が有るんですね。正直全く知りませんでした。勿論かなり以前から営業している店舗だなとは思ってましたけどね。そんな幸楽苑で創業祭と言う事でその第一弾としてロッテの雪見だいふくが入った塩らーめんを見て本当にこれがアリなの?!と言う事で店舗に行って試して見ました。

9月になり急に天候が変わってらーめん日和?!となってます。雨も降ってたので車から降りてそそくさと店舗に向かいました。勿論食事時の時間を大幅にずらしての訪問です。

テーブルにはメニューが置いてあったのですがその中には創業祭のメニューが無くてテーブルの上の卓上案内を見て提供している事を確認し、タブレットから注文を無事にしました。お値段は税込で540円でした。事前の予想ではメニューも良く分かるように準備して有るのかなと思ってたのですが、店舗内外でもそれ程の案内はなく少々意外な気もしました。

注文してどんなものかと待っていると、、、

予想外にバラバラで来ましたw!バラバラで食べればそれは普通に美味しいだろうなと思うのですが、それだとつまらないですし写真のように入れて今回は食べてみるべきだろうなと言う事で雪見だいふくをらーめんの中に入れて見ました。

と言う事でこちらがその状態です。直ぐにアイスだけ食べてしまうと単にらーめんの上に乗せただけになるので、塩味スープの熱で少しアイスを溶かして溶けるのを待ちながらその間に少し麺を食べてました。

そして少し雪見だいふくが溶け始めた時にスープと一緒に雪見だいふくを食べて見たのですが、、、結論を言うと普通に別々で食べた方がやはり美味しかったと思いましたw。雪見だいふくの中に入っているお餅は意外と相性良いなと感じましたが、塩味スープとアイスは甘いのかそうじゃないのか微妙な感じに思えて、慣れてないせいもあるとは思いますが別々で食べる方が甘党の私にはやはり幸せなのかなと言う印象です。

企画と言うか試みは凄く面白いと思ったのですが、大人が食べるよりも案外高校生とかが食べた方が別の評価になるのかもとも感じます。

と言う事で100人いれば100通りの感想になるような気もしなくは無いですが、この試みに気になった方は是非期間中に試して見て頂きたいですね。

ビデオでその様子は残しましたので宜しければ合わせてご参考下さい。

 

-食事

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5