旅行 食事

沖縄県の西表島・上原港から東京までの帰りの様子です!(上原港・石垣港離島ターミナル・石垣空港・羽田空港)

西表島の県道215号をドライブ観光し終えた続きです。

ここから石垣島に戻って羽田空港まで戻る様子を記載します。色々な意味で大変でしたね。

レンタカーを返却して起点となる上原港に到着しました。元々東地区にある大原港から215号をドライブ観光しながらレンタカーを乗り捨てて、西地区のこの港から石垣港離島ターミナルに戻ります。

大原港に比べてこちらの施設の方が大きいです。こんなに広いとは思いませんでした。ここで待っているお客さんの中で東京まで一気に帰る人はどれくらいいるのかなと思いましたが居ないかなw、、。

結局今回の西表島滞在中にイリオモテヤマネコは見る事が有りませんでした。待合室で待っている人の中には何度も見たと会話している人も居ましたがどこに行った時に見たのか気になりました。

少し時間があったので待合室から外に出て見ました。チケットも事前にネットから購入してましたので慌てるような事は無かったです。こちらもとても良い景色でしたね。

フェリーは2社が運航してますが殆ど同じ時間帯なのは勘弁して欲しいなと思いましたね。これなら1時間おきに交互の会社で運航してくれればと観光客目線では普通に思います。

お土産屋さんでジェラートを乗船前に食べようと購入したのですが、並んでいる人が多くてしかも会計が遅く、気が付くとフェリーの前で既に並んでいる人が多くいるような状態になってしまいましたw。まぁ、乗れない事は無いですが乗船するなら窓側が良いなと思いましたので少し慌てて食べました。美味しかったのでゆっくり食べたかったです。しかも凄く凍っていて硬かったですw。

並んでいる時に竹富島と同様に物資の運搬が行われてました。離島では非常に重要ですよね。観光で来るには良い所が多く見えますが、実際に毎日住んで生活するとなるとそれなりに苦労はあるんだろうなと思いました。

私が乗船する船は行きとは違って小さいなと思って見ていると別会社の船が来てこちらは大きかったです。海に出た際に揺れに影響するのかしないのか少し気になりましたが、チケットを購入した以上は小さいこちらの船に乗るしかありません。

ネットで購入したチケットのQRコードを見せて乗船します。並んでいる時に見ている限りでは少数派でしたね。普通に売り場で購入するのに比べて、割り引いて購入出来るのでお得だと思うのですが、、、しかも早めに来て並んで購入するような心配もないし、、。

船は小さいのでお手洗いや洗面は無さそうでした。一応東京からエチケット袋は持って来てはいたのですがどんな感じの船旅になるのかなと思いながら西表島からお別れです。約半日の観光でしたが西表島はまた来て見たいと遠くなっていく島を見ながら思いました。

航路上の問題なのか船の大きさによるものなのか、はたまた運が悪かったのかは不明ですが行きより明らかに凄い揺れでした。東京から来る時に予想していた通りの揺れが帰りに遭遇しました。

船の揺れもそうですが、船底?!に波が当たるゴーンと言うような音が凄くて石にあたりながら進んでいるかのような強烈な音を聞きながら揺れも凄かったと言う状況でした。

船員さんが途中に2回程エチケット袋を希望者に配布していたのも行きとは大違いです。行きではそのような光景は全く無かったです。乗船している別のお客さんも我慢しているのか単に疲れているのかは不明ですが大半が下を向いて寝ている(目を瞑っている)お客さんが大半で行きとは様子が一変してました。

そして私自身もスマホで位置を確認しながら撮影するような余裕が全くなく、船酔いしないように撮影は程々にして遠くを極力見るようにしました。それでも途中は少し気分が悪くなり「ヤバイかも」と真剣に思いましたが船酔いするような事を極力考えずひたすら遠くを見るようにして耐えてました。

遠くに石垣島が見えるようになって少しホッとしました。この辺りでも少し気分が悪い状態でしたがゴールが見えてくると「もう少し我慢すれば到着するんだ」と言う感じで気持ちも変わって来ます。

「ヤバイ」事になる事無く色々な意味で「無事に」石垣港離島ターミナルに到着しました。大原港に朝行った時と航路上の時間は殆ど同じような感じでしたが、気持ち的には倍ぐらいに長く感じました。後15分〜30分長かったら本当に危なかったです。

船には後ろから乗船して前から下船したのですがその際にこんな看板を見ましたw。はっきり行って最初に見たかったし知りたかったですw。私は前方が空いていたので何も考えず座ったのですが事前に知っていれば外側も船に入った時には空いていたのでそうしていたかも知れません。

まぁ、次回このような形で乗船する事が有れば今回の経験を生かして対応しようと心に誓いましたねw。加えて過信せずどのような状況でも出来るだけの事前対処と言う意味では酔い止めもちゃんと購入して準備した方が良いと思いました。

兎にも角にも朝出発した石垣港離島ターミナルになんとか戻って来ました。

西表島ではスーパーで購入した惣菜程度しか食事が出来なかったので離島ターミナル近辺で食事する事にしました。結果的に間に合ったのですが実はこの時は帰りのフライト時間を勘違いしていて食事する余裕が本当は無かった状態でした、、。

やって来たのが「喫茶ゴードン」さんです。

店内は落ち着いた雰囲気で夕食前の時間帯と言う事もあり空いてました。

石垣島に限らずですが沖縄の定食屋さんって本当にメニューが多いですよね。正直色々と食べたいと言うか気になるものが多くあるのでメニュー選びに困るのですが、メニュー最後にあったこちらのちゃんぽんを選択しました。

こちらが出て来た「ちゃんぽん」です。以前那覇市内で食べた「みかど」さんを思い出しました。

沖縄県のちゃんぽんって独特な感じがしますが「みかど」さんと同様にこちらも美味しく頂きました。自分的には好みとあっていてまた沖縄県に来た際には食べて見たいと思います。

そして離島ターミナルに戻って空港バスに乗り込みます。私は最終の18時30分のバスに乗車出来れば大丈夫と思ってまして、たまたま早くゴードンさんが提供してくれて数分前に18時ちょうどのバスに乗車する事が出来て事なきを得たのですがお店が混んでいて出てくるのが遅ければこのバスに乗車出来ず危うく東京に戻れないところでした。

バスの中の様子です。お客さんが少なくて何でだろう?!と思ってたのですが、結果的にはこのバスだとギリギリの時間だった為でした。

余裕を持って空港に到着したつもりですが待っている人が思ったより少ないなと思いながら空港内を見学していると放送がありまして、私が時間を勘違いしている事に気が付きました。慌ててセキュリティを抜けましたね。

何とか搭乗開始前に来れました。油断せずちゃんと飛行機の時間はこれから確認したいと思います。

機種は行きと同じ767-300です。

石垣空港からいよいよ離陸です。3年連続で石垣空港には来ましたが今回も色々と短期間で経験出来て良い思い出が作れました。また来て見たいですね!

機内はお客さんが結構いましたね。私の横にもお客さんがいました。パッと見8割から9割かな。

機内ではいつものようにスカイタイムをドリンクサービスで頂きました。

羽田・石垣路線は長いですね。降下を開始して千葉県木更津方面から海ほたるPAを横に見ながら羽田空港に向けて進みます。

無事に羽田空港に着陸です。機内では眠かったですが寝てしまうと夜寝れなくなりそうなので頑張って起きてました。

夜遅い時間ですのでこの後は真っ直ぐ帰宅して無事に今回の旅を終えました。

「どこかにマイル」で石垣島を6000マイルで往復出来るのはやはり超絶お得ですね。この時には緊急事態宣言も解除されて世間的に行き易くなったのも運が良かったです。

石垣島を始めとする八重山諸島はまだ行ってない離島も数多いのでこのような機会で是非また行って見たいと思います。

一連の様子は動画にもしてますので合わせてご覧下さい。

 

-旅行, 食事

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5