旅行

(岡山県は広かった!)津山市内からバスとJRを乗り継いで倉敷へ移動!

岡山県津山市内のホテルセレクトイン津山に宿泊した続きです。

翌朝はホテル一階のこちらで朝食を頂きます。余り事前調べする事なく差額が少なかったので朝食付きプランを選択したのですが近くにコンビニが無かったので偶然ですが良かったです。

ビュッフェ形式で好きなものを取る形で適当に見繕って見ました。特徴的なものは何も無いですが朝食をシンプルにこのような形で食べれて良かったです。朝食会場も7時台と言う事も有り?!、お客さんが数人と言うレベル感で静かにゆっくりと美味しく食事しながら朝の時間を過ごしました。

食事後は身支度してチェックアウトです。一泊でしたがお世話になりました。

この日も天気が良さそうで一安心です。まずは津山から岡山を目指します。

ホテル最寄り駅の東津山駅から津山駅までは8時台の列車が無くて駅前のバス停で時刻を調べると8時台のバスが有りましたのでこれでまずは津山駅まで出る事にしました。事前にこのような形で津山駅まで行くとは全く予想して無かったですw。バス車内は高校生も含めて5人程度の乗客がいました。この日は休日でしたが平日は高校生で混雑するんでしょうかね。

そして無事に津山駅に到着です。事前に分かってたのですが8時台に岡山駅方面に行く列車が無くて困ってたのですが岡山駅行きのバスがある事を前日の晩に検索して知ってそのバスに乗り換えです。加えて乗り換え時間が5分もあるか無いかの連絡で効率良く岡山駅まで行けそうで良かったです。

それがこちらのバスです。既にエンジンかけていて出発が近い事を伺わせます。たまたま津山駅までの路線バスが時間通りに津山駅に到着したので良かったのですが遅れていたらかなりの時間この駅で待って列車で岡山駅までの移動となったので運が良かったです。

バスは正直空いているだろうと高を括ってたのですが思いっきりお客さんがいて驚きました。特に若い女性が多くて予想外でしたね。津山は良いところですが雰囲気的に岡山に出て遊びに行くような感じでした。「東京にも行って見たい」と言うような女性の声も途中で聞こえましたしねw。「岡山や津山の方が良い所だよ」と心の中で伝えてしまいましたねw。とにかくこれ程の多い需要に驚きつつ空いている座席があったので良かったです。

因みに料金は岡山駅まで800円で車内にはトイレ無しで途中での(停車)休憩は無しです。

お世話になった津山からお別れです。今回クーポン利用のきっかけで津山市に来ましたが事前の想像以上に良い観光が出来ましたし、何よりホルモンうどんを3店舗食べ歩き出来たので自分的には大満足です。

バスは岡山駅を目指しますが高速道路が有る訳では無く、途中半分ぐらいはJR津山線と並行若しくは近いところの一般道を走行してました。一般道の走行では有りますが都内のように頻繁に信号があってストップ&ゴーが多いと言う訳では無いのでペースはそれなりに良かったです。

それでも一般道ですので所要時間的にはJRと余り変わらない感じなのも納得です。JRよりはバス運賃の方が安いのでバスに乗ってれば岡山駅に到着する楽さもあって多くのお客さんがJRよりもバスに乗車するのかも知れませんね。足元は狭いですが座席自体はローカル線のボックスシートよりは良いですしね。

バスからの車窓も同じようなところを通っているのでJRのそれと似た印象でした。

JRといつの間にか別れて家や車が増えてきて岡山市内に入って来た事が分かります。やはり岡山市と津山市は雰囲気が違います。

そして岡山駅まで戻って来ました。正直ホテルからバスを乗り継いで岡山駅まで来るとは想定外でしたが身体的には楽でした。

この日は倉敷観光の予定でして岡山駅からJRで倉敷駅へ続けて移動です。この区間はSuica使えるので来た電車に乗車します。ここでも車内は混んでいて20分弱だったと思いますが倉敷駅まで立ち続けての乗車です。

岡山駅から暫くすると大きな車両基地や貨物駅が見えました。流石に岡山は色々と規模が違っていて都会だなと思います。

その後は倉敷の手前まで家が少ないローカルな雰囲気を走行して西に進みます。

東津山から約2時間強の時間経過後、この日観光する倉敷駅に到着です。岡山県内を結構移動したなと言うのと岡山県は結構広いなとこの時には感じましたねw。

この後は倉敷美観地区を散策しますがその様子は次回で。

一連の様子は動画にもしてますので合わせてご覧下さい。

 

-旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5