旅行 食事

岡山県津山市内での宿泊記(ホルモンうどん、スーパー銭湯)

岡山県津山市にある津山城、城東町並み保存地区を見学した続きです。

この後は少し早いですが予約したホテルへ向かいました。

お世話になったホテルは津山駅の一つお隣の東津山駅から数分の所にある「ホテルセレクトイン津山」さんです。

元々パッケージツアーでこちらのホテルと津山駅近くのホテルの二つが選択出来たのですが、こちらのホテルの方が数千円お得でして、津山駅から一駅行くだけで値段が違うのなら「ホルモンうどん」のお店も東津山駅から歩いた場所にあったのでこちらのホテルを今回選びました。実際に来て分かったのですが津山駅と東津山駅までの列車本数が毎時間に一本ぐらいは最低でもあるだろうなと思ってたのですが、時間帯によってはそうでは無いので津山駅前のホテルと値段差があるのが分かる気がしました。車で観光している人には全く気にならないと思います。

そうは言っても部屋的には普通の部屋で大きな不満はありません。ユニットバスは少々狭いなと感じたのは正直な所ですが、他のホテルでも経験あるので特にこちらだけと言う感じでも無いと思います。建物も歴史は感じましたが綺麗に掃除もされていて一泊なら全く問題ない感じです。

ネット中毒者としてはインターネットスピードが気になるので測定して見ましたがダウンロードは数値的には余り良く無かったですが滞在中に不満は全く感じずにネットを利用する事が出来ました。

ここまで津山駅からずっと歩き回って来たのでチェックイン後は部屋で少し休憩してました。

夕方5時前にチェックインしてずっと部屋にいるのは勿体無いかなと思いまして、ホテルから10分前後だったと思いますが、「えびす乃ゆ」と言うスーパー銭湯に来て見ました。600円で露天風呂とサウナも付いていてお客さんは地元の人がそれなりにいましたが混雑していて「芋洗い」状態と言う程までは無く、ゆったりと寛ぐ事が出来ました。

スーパー銭湯で寛いだ後は来た道を戻りますが、二車線道路沿いを歩く人は皆無で街灯も無いので車が走行して無い時には足元が真っ暗でした。転ばないように下を見ながら慎重に歩きましたね。

本数が少ない列車が走行しているのを歩いている途中に偶然見ました。お客さんは2名ぐらい乗車していたように見えました。

その一方でホテル近くのマクドナルドはドライブスルーに車が沢山待っている状態でして車社会だなと言うのを実感します。津山まで来て夜にマクドナルドは無いなと言う事でマクドナルドもすぐ近くにあったホテルも一旦通過します。

そして見えたのがホテル最寄り駅の東津山駅です。夜の無人駅と言う事でひっそりとしてました。この左側に交番がありましたがそれ以外は人影はありませんでした。

ここから姫路方面、鳥取方面と二系統に分かれていて本数はご覧の通り少ないですがいつかは18切符で行って見たくなりましたね。そして肝心の津山駅方面ですが朝の8時台が無いのには驚きました。7時台は早過ぎるし、9時台は遅すぎるしで困りましたが部屋に戻って考える事にします。

ホームはこんな感じで当然のように待っているお客さんはいませんでした。

東津山駅から更にホテルとは反対方向に数分歩いて到着したのがこちらの「くいしん坊」さんです。こちらでこの日3回目の「ホルモンうどん」を食べようと思いまして事前にリサーチしてました。

「ホルモンうどん」を食べようと思ったのですが魅力的なメニューが多くありこの時点で既に2度ホルモンうどんを食べている事もあって違うのをと一瞬思いましたが初志貫徹で「ホルモンうどん」ともう一品と言う事で「すじぽん」を注文して見ました。

そして出て来たのがこちらです。実際に食べて見るとそれまでの二件と比較して、若干油っこさは感じましたが、うどんがポロポロとなってないので食べ易くホルモンも多く入っていて量的にも他と比べて良かったので総合的にはこちらが自分的な好みかもと思いました。すじぽんも味がよくすじ肉も柔らかいのでこちらも美味しかったです。非常にレベル高いお店だと感じました。ご馳走様でした。

食事後は道路を境に反対にあるこちらのスーパーマーケットに来ました。検索した限りホテルの周りにコンビニが無いようでして、最寄りの買い物出来る所がこちらのようです。開いている時に来れて良かったです。ここが閉まっていれば自販機で飲料水買う程度しか出来ない感じでした。もっともそれは私が歩いて来ているからであって、車社会の津山に車で来ればコンビニには辿り着く事が出来るとは思いますが、列車でこのホテルに宿泊する際には早めの行動が宜しいかと思います。

上のおせんべい二つは津山市で作られていたようでしたので在宅勤務のお供に持ち帰って美味しく頂き、手前のお菓子等をホテルでネット利用しながらまったりと過ごし津山の夜が過ぎました。

と言う事で一連の様子は動画にもしてますので合わせてご覧下さい。

 

-旅行, 食事

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5