ブログ 旅行

(搭乗記)2022年1月・JAL431便・羽田空港ー松山空港 / Flight Review From Haneda to Matsuyama JAL431

T-CATから羽田空港に早朝到着した続きです。

毎回寝坊しないように気を使いますが無事に到着して一安心と言ったところです。

この日の朝はご覧のように人がいないと言う訳では無いですが保安検査場も空いてました。

早朝出発にも関わらず時間が有りましたのでサクララウンジで休憩です。ラウンジも空いていてゆっくり朝の景色を見ながら休んでました。

時間になりまして優先搭乗で中へ入ります。この日は松山空港に向けてのフライトです。松山に行く理由はJALの「どこかにマイル」を利用した為です。松山へは数年ぶりでしたので楽しみでもあります。

機体はいつもの737-800です。足元に電源も有り有難く使わせて頂きました。帰りの飛行機で羽田空港に到着した後は家に帰るだけなのでバッテリーが完全に無くなって無ければ気にならないのですが、行く時には現地の空港に到着した後に観光する際にバッテリーが減っていると心配の種が増えてしまいます。

機体が動き出していよいよ松山空港に向けて出発です。早朝の出発は羽田空港までの道のりが大変ですが出先で朝から有意義に時間を使えるのが良いですね。早朝に無事出発出来ると一仕事終えた感じがしますw。

羽田空港のD滑走路から離陸です。太陽が出る側と逆でしたので離陸していく飛行機の影を見ながらの離陸でした。離陸後は大きく右に旋回して西へ向かいます。

暫くすると三浦半島や江の島、湘南エリアから伊豆半島方面まで見る事が出来ます。冬の朝は空気が澄んでいるので天気が良ければ景色は素晴らしいですね。

今回は前側の席が確保出来たのでそこを指定しましたが、クラスJシートも空きが有りました。前側のエコノミーも空席が目立ちましたので3割程度の乗車率と言う感じだったかと思います。自分の3列には人がいないので快適なのですが航空会社の事を考えるともう少し搭乗率が上がって欲しいなと思います。

事前に「富士山どっち」で調べる限り真上を通るか左側席が見える可能性があると言う事で今回左側席を確保して見たのですが運良く富士山を見る事が出来ました。ここでも雲が頂上付近に掛かっておらず良い景色を見る事が出来ました。左側席を確保して正解でしたねw。

富士山を通過した辺りでドリンクサービスとなりました。いつものようにスカイタイムを選択し美味しく頂きました。JALの飛行機に乗っている感を一番感じるオリジナルメニューだと個人的には思います。

特に航路中に揺れる事も無く順調に飛行が進み降下が開始されると瀬戸内海らしい景色が見えて来ました。橋にしかり多くの島々しかり。私は殆どの島の名前を言えませんがw、本当に多くの島が瀬戸内海にあるなと上から見ていて思います。船でしか行けないような島も勿論有るのですが、いつかは瀬戸内海に浮かぶ色々な島に行って見たいなと思います。

松山空港は海に近い場所に有りますので瀬戸内海側から着陸しました。ギリギリまで瀬戸内海の様子を見れてこの辺りらしい景色を楽しむ事が出来たと思います。良いフライトでしたね。

愛媛と言えばポンジュースと言う事でこれを見ると愛媛に来たんだなと実感します。数年前に来て以来二度目の訪問ですが懐かしい感じさえしました。

8時台に到着出来たのでこの日は現地で有効に時間を使えそうです。この後はレンタカーを借りて旅をしますがその様子は次回でと。

ここまでの様子は動画にもしてますので合わせて機内からの景色をご覧下さい。

 

-ブログ, 旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5