旅行

旭川駅周辺の散策(平和通買物公園、旭川市博物館、道の駅あさひかわ、JR旭川駅)

北海道旭川市内にある「福吉カフェ」で休憩した続きです。

シンボルタワーまで戻って来ました。中央に表示される温度計を見ると氷点下でした。ここからバスで旭川駅まで戻る事も考えましたが風が少なく寒さを極端に感じる事が無かったので駅まで歩いて行って見る事にしました。

こちらの平和通買物公園を真っ直ぐ歩くと旭川駅に戻る事が出来ます。左右のお店を見ながら歩けば時間を感じず駅に行けそうです。

旭川駅に近くなると商業施設や人通りが自然と増えて来ます。流石に北海道の第二の都市と言う事で歩いている人はこの辺りになると多くいましたね。

名古屋が本拠のコメダが旭川に来るのかぁ、、、と思いながら看板を見てしまいました。既に今はオープンしていると思いますが旭川市民の方々に受け入れられているのか気になります。ここが最北端のコメダと言う事になるのかな?

旭川駅に到着後に反対側へ歩いて見ました。反対側は商業施設等はなく対照的な感じです。勿論人通りも殆どなかったです。ある意味北海道らしい雰囲気かなと思いました。

橋の途中から旭川駅方面を見て見ました。駅のデザインってカッコいいなと思いましたね。見えている川は忠別川です。凍ってはなかったですが見るからに冷たそうです。川の側ではスキーをしている人がいました。北海道の第二の旭川駅の直ぐ横でスキーって流石北海道だなと思いましたね。

暫くそのまま直進して旭川市博物館に来ました。こちらで350円支払って中を見学して見ます。

駅から歩いてどんな観光施設が有るのかなと言う事でこちらに来て見たのが正直な所ですが、想像より立派で見応えがある博物館でした。この辺りの歴史となるとアイヌが欠かせないと言う事でその様子も展示されていてこのエリアの寒さを考えると大変な時期を過ごしてきた様子を見る事が出来ます。

見学後は少し先にある「道の駅あさひかわ」に来て見ました。こちらのフードコートで休憩兼ねて何か食事が出来ればなと言う目論見で来ました。このエリアでは逆に言うとこの施設ぐらいしかありません。駅の出口で全く旭川の様子が異なります。

やけに人が少ないなと建物に入って思ったのですが、大半が営業終了してました。まだ16時台でしたけど地方だと閉まる時間帯なのかも知れません。仕方がないので旭川駅まで戻る事にします。

駅の横まで戻って来ました。駅の忠別川方向の出口は駅出て直ぐにこのような景色となります。

駅に入ると開放的でお洒落な空間が広がってました。行き先案内を見ると札幌へは30分間隔で特急があるようです。北海道の第一の都市と第二の都市の間の交通需要は多いんですね。反対側を見ると網走行きの特急が間も無くと言う時間でした。いつかは乗車して見たいなと思いましたね。

駅の反対側に来ました。こちらは商業施設が立ち並ぶ出口で旭川駅は出口によって本当に対照的な感じです。

今回は駅横のあの建物のホテルに宿泊しますがその時の様子は次回以降で綴って行ければと思います。

一連の様子は動画にもしてますので合わせて雰囲気をご覧下さい。

 

-旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5