旅行

(乗車記)JR富良野線 富良野→美瑛 キハ150系に乗車

北海道のへそ、JR富良野駅周辺を歩いて散策して見た続きです。

列車の出発時間を気にしながら富良野駅周辺を散策して見たのですが思ったより充実した時間を過ごす事が出来ました。切符は散策する前に購入しておいたので後は改札抜けてホームに行くだけです。駅の切符売り場は一つしかないですし、並んで買えないとか乗り遅れると言う事は無いとは思ったのですが、地方では何があっても良いようにいつも事前に購入するようにしてます。

富良野駅からこちらの旭川行きを利用します。この日は旭川から滝川駅を経由して富良野に来たのですが、グルッと一周するような感じの工程です。

今度はキハ150系でした。当然のように一両編成です。

富良野駅はホームが多くあってそのどれもが長いホームです。昔は特急が来ていたと認識してますがその時の名残なのでしょうね。今は長過ぎるホームとなっていて端の方は雪が残っている状態でした。今はヒッソリとした駅の雰囲気です。

旭川駅に向けて出発です。窓ガラスが汚れてましたが何とかこの後は撮影しました。

この車両は窓が大きく景色が見易い印象です。座席もキハ40よりは快適だったと思います。

富良野駅からはざっと10人前後のお客さんでした。車内は明るさがありキハ40よりは車両も新しいのでその恩恵を受けてますね。

富良野駅から少し離れるとこのような人影を感じさせない景色が続きます。厳しい北海道の自然って感じです。

途中で後ろの景色を見て見ました。北海道らしい景色を暫く見ていて思ったのは線路や切替ポイント等の維持も大変だろうなと感じました。

後ろから見た車内の様子です。どちらが良い悪いを言うつもりは無いですがキハ40より明るい雰囲気の車内です。座席も座り易かったです。

周りに何もない所にポツンと駅もありました。それでもホームに雪が無いのでちゃんと維持しているのが伺えます。正直何人1日に乗降客がいるのか分かりませんが、立派だなと思いながら見てました。

ずっとこのような景色が続いて次の街はどこで見れるのかなと思いながら車窓を見てました。

家々が見えて来たなと思ったら中富良野駅に到着です。ここで数人のお客さんが降りて行きました。明らかに地元客ですね。JRを利用している地元客が増えると良いなと思いました。

次の駅は西中駅でした。この駅はまたホーム一つのシンプルな駅です。ここでもホームが綺麗になっていて驚きました。JR北海道は良くメンテナンスしているなと感じます。

続けて上富良野駅です。この駅は逆に10人近いお客さんが乗車して来ました。この駅周辺も多くの家々があり街中と言った感じでした。

次の駅が美馬牛駅です。この駅もそうでしたが上り下りのホームがズレている駅が結構ありました。場所の関係なのか何か昔に意味があってわざとずらしたのかは謎です。この駅も昔の名残なのかホームが長かったです。

美瑛駅に近くなると家が急に増えて来て街中に入って来ました。

と言う事で美瑛駅に到着です。はるばる来たなと実感しましたね。この駅も非常にホームが長いです。昔はこの路線も長い列車が走行していたのでしょうかね。

乗車した列車が出発するのを撮影しようと思ったのですが暫く停車のようで列車の前まで行って駅全体を見て見ました。改めて見ると長いホームです。景色も北海道らしいですね。

富良野駅同様に今度はこちらの美瑛駅周辺を歩いて散策して見ますがその様子は次回で。

一連の様子は動画にも纏めてますので合わせてご参考下さい。

 

-旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5