ブログ 旅行

(搭乗記)JAL544便・釧路空港→羽田空港 / Flight review From Kushiro to Haneda (JAL544)

無事に釧路空港までレンタカーで戻って来た続きです。

北海道・道東での旅を終えて後は羽田空港へ戻るだけです。

レンタカー会社は空港の目の前なので空港の建物の様子も見たく送迎をお断りして歩いて向かいました。時間もかなり余裕がありましたしね。

気温は10度以上ありましたが風があったせいか体感的には非常に寒く感じました。やはりなんだかんだで風が体感的には影響大ですね。

出発まで約1時間30分あります。早く着き過ぎましたがレンタカー会社の営業は19時までですし、ギリギリで焦るよりは良いですかね。

とは言え釧路空港は航空会社のラウンジは勿論ですがカードラウンジも無いので結構時間まで暇です。レストラン泉屋で食事もしたのでお腹空いて無かったので食事の選択肢も無いですしね。

取り敢えず展望デッキに出て見ると丘珠空港行きのHACとその奥には一足先に羽田へ出発するエア・ドゥ機がありました。当然のように私が搭乗するJAL機はまだ来てません。

結局制限エリア外で飲み物飲みながらスマホで時間を潰してました。

適当な時間になったので制限エリア内に入ります。私が搭乗する飛行機はこの日の釧路空港最後のフライトです。お店も19時には結構閉まりましてもう後は最後のフライトを待つだけと言う感じです。

お客さんの様子はこんな感じで空いてそうです。

時間になりましたので優先搭乗しました。毎回スマホで搭乗しますが認識せず一度で通過出来ない事もあるので何気に緊張する瞬間です。何度も通過出来ないでいると後ろの人の視線が気になりますしね。今回は自分の前後で一度で認識出来ず引っ掛かってましたが私は一発で認識して進む事が出来ました。

使用機材は国内線用の737-800です。

夜の遅い時間に加えて外は寒いのですが見送って頂きました。日本的な感じが凄くして自分的には嬉しいのは間違いないのですが、時期を選んでわざわざ行って頂かなくてもと言う気も少しします。この時期は11月ですが特に冬は厳しいと思うのでお体にはご自愛して業務して頂きたいです。

釧路空港の周りには何も無いので真っ暗な中飛行機が離陸しました。搭乗率は前の方はお客さんがいましたがトータルでは3割から4割程度だったと思います。

ドリンクサービスはいつものようにスカイタイムを選択しました。暑い時期は勿論ですが寒い時期でも大体はこれを選んでます。飛行機に乗っているだけの時に味わえるオリジナル感が自分的には良いのかなと思ってます。

夜の飛行は真っ暗で何も見えないので仮眠して機内では過ごしました。時間帯的に子供や学生が騒ぐような事も無かったので静かな機内の中で快適に時間が過ぎました。

そして羽田空港に無事に到着し今回の北海道・道東ドライブ旅を終えました。

北海道の雄大な道をドライブ出来たのは自分には良い経験でしたし楽しかったですね。実際に自分の車を北海道に持ち込んでドライブする方が勿論良いのでしょうけど、現実には多くの時間が必要でありレンタカーでも充分様々な経験が出来ました。また北海道のドライブ旅はして見たいなと考えてます。冬の極寒な時期は自分のスキルでは危険なので雪のない時期かなぁ。

今回で釧路空港を起点にした旅のブログは終わりです。

釧路空港からの一連の様子は動画にもしてますので合わせてご参考下さい。

 

-ブログ, 旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5