ブログ 旅行

(搭乗記)JL931便・羽田空港→宮古空港 / Flight review JL931 From Haneda to Miyako

2021年の12月前半には宮古島へ行って来ました。行って来た理由はこちらの通りなのですが、2021年に宮古島へ2回も行く事になるとは全く想像付かなかったですね。それでも行く事が決まったからには楽しんでこようと言う事で色々と行って見ました。

ここから暫くはその時の様子を順次UPして行ければと思いますので宜しくお願いします。

今回のフライトは早朝出発でして自宅から始発電車で行っても間に合いません。そうなると都内で前泊となりますが、自分的にはモノレールを利用し易い浜松町近辺で前泊する事が多く今回も夜に浜松町に来ました。ライトアップされた東京タワーが見えてまして、12月と言う事で飲食しているサラリーマンの方も多くいました。自分はアルコールを飲まないせいか今のコロナ禍で状況が多少落ち着いて来ていたとは言えよく今の状況で飲食するなぁ、、、と思いながら見ていたのですがそのように考える人は少数派なんでしょうかね。

飲食店で賑わっているサラリーマンを横目に辿り着いたのがこちらのホテルです。翌日は早朝にチェックアウトするので、シンプルに安く仮眠出来れば良いと思って探した次第です。

チェックインして2階が共用スペースのようでして、洗面やシャワー、トイレが共用であってロッカーも全てこちらに集約されてありました。ロッカーを見るとスーツケースが結構あったので私と同じ目的で宿泊していそうなお客さんも居そうです。洗面は綺麗で良いのですが紙コップがあると歯を磨く時に助かったので欲しかったのですがそのようなリクエストは少数派なのでしょうかね。

シャワーは綺麗で自分的には特に水圧含めて気になる点は有りませんでした。

私は4階のカプセルを割り当てられましたが、先客は多少居る程度で空いて居る所が多かったです。それでも翌朝チェックアウトする際には結構埋まってたので私と同じ目的で早朝の羽田空港へのアクセスの為か、飲食して帰れなくなった方が宿泊して埋まっているのかも知れません。

カプセルは幅も長さも自分には申し分なく良かったと思いました。

私がチェックインした時にはお客さんが少なかったせいなのかは不明ですが、ネットのスピードも爆速で普段なら色々とネットを徘徊する所ですが、翌朝に起きれなくては本末転倒なので眠くは無かったですが早めに就寝するようにしました。

翌朝は何とか予定通りに4時に起きて眠気覚ましにシャワー浴びて歯を磨いて身支度してチェックアウトしました。全く同じ目的だと思いますが同じ時間帯でチェックアウトしてスーツケースを転がしていたお客さんもいました。

そして早朝の浜松町駅に向かいます。ホテルから歩いて3分程度なので非常にアクセス良好な場所です。やはり早朝だと乗り換えなしで羽田空港に向かう事の出来る場所が良いなと実感しましたね。

始発に乗車するつもりはなかったのですが、恐らく初めてのモノレール始発乗車です。どうやってこの時間に浜松町駅まで来たのかは分かりませんが、自分の想像以上にお客さんがいました。

そして日が昇る前の暗闇の中を羽田空港目指してモノレールが発車しました。

空港快速なのでアッと言う間に羽田空港第1ターミナル駅に到着です。いつも思いますが早朝便だと無事に空港に辿り着くだけで飛行機の搭乗する前ですが、一仕事終えた感じさえします。

早朝5時過ぎの羽田空港第1ターミナルです。

ここでも予想以上にお客さんがいまして、皆さんどうやってここまで来ているのかなと思いましたね。自家用車か近くのホテルでの前泊だとは思いますが、、。

そそくさとセキュリティを抜けてサクララウンジに行ってコンビニで購入したおにぎりを食べて搭乗時間まで待ちます。まだ日が昇る前ですがラウンジにもそこそこお客さんがいました。搭乗口を見るとカードラウンジの方が近かったのでそちらでと思いましたが、6時からのオープンで入れませんでした。もっとも飲食物の持ち込みはダメなのでコンビニでおにぎり購入している時点でサクララウンジ一択かも知れません。

今回はこちらの宮古空港行きで宮古島へ向かいます!運行はJTA(日本トランスオーシャン航空)です。

優先搭乗で機内へ入ります。JTAは737-800のみ保有です。

機内誌はJALとは異なりますが、機内WiFiサービスはJALと同じように提供されます。機内に流れる音楽はJALとは異なり以前の記憶で沖縄の曲が流れるかと思いきやクリスマスソングが流れてました。部分部分で独自色を出してます。CAさんも沖縄方言で挨拶してましたしね。

そしていよいよ宮古空港に向けて動き出しました。ようやく日が昇って来た感じです。

そして朝日を浴びながら羽田空港を離陸しました。12月は空気が澄んでいるので早朝の東京の様子を綺麗に見る事が出来ました。

搭乗率は8割から9割と言った感じです。12月でも宮古空港行きは結構お客さんがいるんだなと思いました。基本的にはオフシーズンだと思うのですが年中人気ある場所と言う事なのかも知れません。

バッチリ富士山も見えました。座席指定が翼の近くでしか指定出来なかったので景色は見易いと言う感じでは無いですがそれでも何とか見る事が出来ました。

JTAでもドリンクサービスでスカイタイムを提供してましたのでこの時もそれを選択し美味しく頂きました。

この時はマップを見ると奄美大島付近のようでした。徐々に宮古空港に向けて降下して行きます。

そして沖縄本島も通過して宮古島に近くなって来ました。

宮古島に近くなると池間島と池間大橋が見えました。この角度で見れると言う事は宮古空港へは北側から着陸するのかなと思ったのですが、、、

続けて伊良部島と伊良部大橋を見る事が出来ました。遠くには下地島空港の滑走路も見れました。

ここまで来ると言う事はグルっと回って南側から宮古空港に着陸となりそうです。

と言う事で左に大きく旋回して来間島と来間大橋を見る事も出来ました。まるで宮古島と周辺の島々を周遊してくれているかのルートで非常に見応えのある飛行経路でした。

そしてそのまま降下して無事に宮古空港に着陸しました。前回フライトした時も良い飛行経路だと思いましたがそれ以上の見応えのある経路で非常に良かったです。

と言う事で無事に宮古空港に到着です!この日の最高気温は25度と言う事で風は有りましたが過ごし易い気候で東京との違いはやはり感じましたね。戻る時にもそうですが体調管理に気を付けないとと思います。

ここから一泊二日で色々と観光しますがその様子は順次記載したいと思います。

前泊して羽田空港から宮古空港までのフライトの様子は動画にもしてますので合わせてご覧下さい。

 

-ブログ, 旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5