ブログ 旅行

雪が舞う中、超弾丸で巌流島の観光をして来ました!

北九州空港からバス&JRで門司港駅まで移動して来た続きです。

フライト自体が遅めの時間帯で出発でしたので門司港駅に到着した際には午後の3時前後と言う感じでそんなに時間がある訳では無いですが時間の許す限りサクッと観光しようと思ってました。

と言う事で門司港駅から数分の遊覧船乗り場に移動して巌流島観光をして見る事にしました。以前来た際には山口県側の唐戸から巌流島に上陸して散策後に門司港に来ると言う三角的なルートで観光した事が有りましたが、この日の宿は門司港近くなので単純に往復です。余り深く調べてなかったのですが、17時近くまで船はあるだろうと思ってたのですがそれは暖かい時期の話でして、訪問した冬季は15時台の乗船した船が最終でした。それでも門司港に戻って来れそうなのでサクッと久しぶりに行って見る事にしました。

乗船時間は10分前後のはずなので普段なら外にいて景色見ながらの船旅といきたいところですが、この日は非常に寒い日でしたので体調を考えて中へ入る事にしました。変に風邪をひいたり熱が出たりすると今の時期ややこしい事になりそうですしね。過度な制限は必要ないとは思いつつ、無理せず極力安全に行動はしたいものです。

暖かい船内で景色を見ているとアッと言う間に巌流島に到着です。以前に唐戸から行った時にも10分前後だった記憶があります。気軽に観光しに行く事が出来るスポットです。

下船したらまずは時刻を確認です。無人島なので万が一乗り遅れて取り残されたら大変な事になります。到着したのが15時30分ぐらいでしてそのまま35分の唐戸に向かって船は出発のようです。私は門司港に戻りたいので最終の16時丁度に乗船する必要があるので20分強の観光となります。万が一遅れたら16時15分の唐戸行きが本当の最終なのでそれだと唐戸から門司港までの区間が必要となります。

と言う事で20分強の短い時間ですが2度目の観光をします。

島の半分は立ち入りが出来ないので、観光するにも左側半分と北側の休憩所までの遊歩道が行けるところなのでそこまで行って戻って来るルートになります。

巌流島からは関門橋は勿論のこと、下関側も門司港側も見渡す事が出来て非常に眺めが良い場所です。そして船の往来が狭い区域ですが多いのも特徴です。意外とこの狭い区域に巨大な船も通過するんですよね。風が強いのは覚悟してましたが、やはり寒かったですw、、。

見るべきスポットは一回来て覚えているので時計を確認しながら足早に見て回ります。今は関門橋が見える景色ですが決闘が行われた当時はどんな景色だったのか、そして巌流島自体が今は埋め立てもされて広くなったようですがどんな感じの島だったのかも色々と気になります。船も流されずに容易に来れる場所だったのでしょうかね。見て回るたびに色々と当時はどうだったのか考えてしまいます。歴史ロマンって言うやつですねw。

更に奥の休憩所を目指します。途中はご覧のように柵があって入れないようになっているので観光客が歩ける場所は決まってます。

そして島の端にある休憩所に到着です。

そこからの景色もなかなか良かったです。休憩所なので時間に若干余裕がある事を確認したうえで少しだけ景色見ながら私も休憩してました。この辺りから雪が少し舞って一時期は結構降ってましたw、、。

来た道を戻って船乗り場に向かう最中にも時刻を確認しながら島内の観光場所に立ち寄って見学して来ました。そういえばこちらの管轄は下関市です。

と言う感じで超弾丸で観光して無事に門司港行きの最終に間に合いました。もう少し時間に余裕があればとも思いましたが2回目の上陸なので良しとしましょう。この15分後の唐戸行き最終に乗船すると思われるお客さんはまだ島内にいましたが、万が一うっかりして乗り過ごしたらどうなるのかは気になりましたね。島内で放送とかで呼びかけるような仕組みがあるのか、或いはそのような案内は何もなく乗り遅れたらあとは知らないと言う感じなのか、気になりました。

と言う事で短い滞在時間でしたが依然と変わらぬ様子を確認出来て良かったです。寒かったけど景色も良かったですしね。気軽に来れるのでまたいつか来る機会があればと思います。

上記は巌流島を出て直ぐの下関側の景色です。高い建物は下関の海峡ゆめタワーです。以前にあの上に行った事が有りますがあそこからの景色も良いので近くへ行った際には是非立ち寄ってみて欲しいですね。

そして門司港に向けて舵を切っていると関門橋もそこそこ近くで見る事が出来ます。

景色を色々と見たり撮影していたりすると結構アッと言う間に時間が過ぎます。10分前後の船旅なので見る所が色々とあると時間経過がとても早く感じます。

と言う感じで最終時間での遊覧船で慌ただしく巌流島を往復して観光してきましたが、今回は門司港側からでしたが唐戸からの船も似たような感じです。気軽に歴史ロマンを感じられるスポットなので、是非近くへ観光しに来た際には立ち寄ってみて頂きたいスポットです。もし今回のように寒い時期に観光するのであれば風もあるので暖かい恰好で行きましょう。風を遮るような場所も無いので体感的にも寒く感じます。しかしそれを超えて歴史ロマンを感じる場所であり、ご興味あれば是非行って見て頂きたいところです。

一連の様子は動画にもしましたので合わせてご参考下さい。

 

-ブログ, 旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5