旅行 食事

早川駅から小田原漁港(早川漁港)を散策して来ました!

熱海駅からアタミロープウェイを利用して観光した続きです。

熱海駅に戻って来た時には3時過ぎでしたので旅もいよいよ終盤です。東京へ戻る前にもう一ヶ所だけ寄ってから帰ろうと思います。

と言う事で降りたのは熱海駅から東に行くと小田原駅の一つ手前・早川駅です。この駅には初めて下車しました。小田原駅の一つ横なのですが全然雰囲気が異なりローカルな感じで商業施設も見える範囲にはなくこうも一駅ずれただけで変わるものなのかと言う印象です。

駅は無人駅のようでした。意外でしたね、、。駅の乗り降りもある程度居そうな気がしますが小田原駅の一つ横の駅でも無人とはJRも色々とコスト削減をしているんだなと言う印象です。この日はウィークエンドの夕方近くと言う事もあってか駅前は人も余り居なくてヒッソリとした感じです。

駅から目的地に向けて歩きますがその道中でもヒッソリとした住宅街が続く感じで商売しているお店が無い印象です。そこそこ人口がありそうな地域なのでもう少し商業施設は有るのかと予想してましたが意外な雰囲気でした。すれ違う人は殆ど居なくて同じ目的地と思われる観光客グループが少し前に居た程度です。

目的地はこちらの「漁港の駅」です。夕方4時になりそうな時間帯でしてそこそこ空いているだろうと予想して東京に帰る前に何か美味しそうなものを食べようと言う事で来て見ました。駅からは10分前後だった記憶です。駅からここまで歩いて来ている時には閑散としてましたが皆さん車で来るのが多数派なのか施設内には多くの車があってお客さんが予想外に多くいました。

お目当てはこちらで何か海鮮丼を食べようと言う試みで早川駅で降りて来たのですが実際に2階の店舗へ行く途中の階段で多くの人が行列で並んでまして直ぐに諦めて退散する事になってしまいました。他にも店舗はあるようですが似たような感じでして海鮮丼の性質上お客さんの回転も悪そうで多くの時間待つのもちょっと違うかなと言う思いがありました。それにしても夕方近くでも並んでいると言う事は午前中に営業開始してからずっとここはこのような感じなのでしょうか、、。見立てが甘かったと言われればそれまでですが予想外の出来事です。

一応バックアップとして頭に入れて置いた駅近くの小田原漁港(早川漁港)に移動して来ました。こちらには何軒かのお店が連なっているようですが「漁港の駅」で食事する気でいたので具体的なお店や営業時間までは調べてませんでした。観光客っぽい人は余り居なさそうでしたが取り敢えずお店がある場所まで歩いて見ます。

幸いな事に何軒か営業している店がありまして一安心です。このエリアでも食べれなかったら何の為に早川駅で降りたのか意味不明になってしまいますので取り敢えずは良かったです。こちらの「すし定食 いこい」さんで食事する事に決めて中へ入りました。

迷ったのですが「ねぎとろ丼」と「あら汁」を注文しました。あら汁が気になったので丼ものにした感じです。

そして出て来たのがこちらです。ご飯の量に対してねぎとろが多くて私的には嬉しかったです。ご飯の量に対してねぎとろの量が少ないと残念な感じですがこちらはねぎとろの量が十分過ぎるくらいあるので最後まで美味しくねぎとろを頂きました。全体的な量的にも良かったです。あら汁は予想通り凄く美味しかったです。旨味があって良かったのですが値段も値段なのでもう少し量が多いと嬉しかったかなと言う印象です。二つセットとして考えて見た場合、組み合わせ的にも注文して良かったと思いました。ご馳走様でした。

夕方の小田原漁港(早川漁港)です。とても良い景色でした。時間帯的にヒッソリとしてましたが早朝だと活気が有るんでしょうね。今回たまたまこちらに来ましたがお店も幾つかあって良さそうな所が多かったのでまた来て見たいなと思いました。漁港の駅よりは混まない印象もありましたしね。

漁港から駅までは5分前後と近く、ゆっくり歩いていたら直ぐに到着しました。

早川駅は無人駅ですが東海道線ですので待てば列車は来ます。時刻表の心配はありません。

帰りも小田急の株主優待券で小田原から小田急線に乗り換えて東京へ戻りました。普通に切符購入するよりコスパ抜群だと思います。またこの手を利用して来て見たいです。

と言う感じで小田原駅を起点として東海道線の沿線をブラブラとした旅も終わりました。宿泊するところだけを決めて適当に降りて観光したり食事したりとしたのですが思ったより充実したブラリ旅をする事が出来ました。たまには決め過ぎないで思い付きで行く旅行も良いものだなと言う気がしましたが、ある程度来た事があって少しでも土地勘が有るので出来たのかも知れません。全く知らない場所ならそう簡単では無いかも知れませんがまたこのような緩い旅をして見たいと思います。

早川駅周辺での様子は動画にもしてますので合わせてご覧下さい。

 

 

-旅行, 食事

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5