旅行

(臨時列車)JR東日本長野支社「特急信州2号」茅野駅行き 長野駅発車!

長野市にある善光寺を大混雑の中、なんとか参拝して息絶え絶えに長野駅まで戻って来た続きです。この後は乗車した事が無かった「しなの鉄道」で混雑していた長野駅から離れて別の場所へ観光します。

しなの鉄道の切符はどこの券売機で買えば良いのか分かりにくくて「しなの鉄道」と記載のある券売機横の場所に入って係の人に聞いたのですが、不親切で愛想なく気分を害しました。客商売をもう少し考えて対応して欲しいなと思いました。気分を害しましたが乗らない訳には行かないので切符を購入して在来線側の長野駅改札に入ります。

3番線の乗車ホームに行くと見慣れない列車名が表示されてました。「特急信州」と言う列車で長野駅から茅野駅まで行くようですが、この時にはなぜ茅野駅?!と言う感じでした。

こちらを見ると臨時列車との事でしてリンク先の情報を見ると色々な列車を走らせているんだなと初めて知りました。こんな情報を事前に知っていれば、、、と言う感じでそもそも善光寺の御開帳もそうですが全然事前リサーチ出来て無くて自分に失笑しました。リンク先の情報を見ると色々な列車を走らせていたんですね。

話を戻すとこの「特急信州」も自分的には姥捨駅に停車するのが魅了的に映りました。かなり前に松本から長野まで普通列車を利用して姥捨駅を通った事は一度あるのですがそのまま乗り続けてしまったので今度は降りて景色も見て見たいなと思ってまして、特急型の車両がスイッチバックするのはどんな感じなんだろうと興味を持ちました。普段「特急しなの」はスイッチバックを勿論せず姨捨駅を通過してしまいますからね。

E353系の三両編成がホームにいました。驚いたのは駅員さんがお見送りで待っていた事です。臨時列車と言うだけあって気合入ってますね!JRもコロナになって需要も以前とは変わって来て色々なサービスをしているんですね。私は知らずにこの列車は利用出来ませんでしたが可能な範囲でJRを利用して応援したいものです。

列車が茅野駅に向けて発車すると手を振ってお見送りです。乗車している人も失礼ながら予想より多くいました。皆さん地元の人なのか首都圏からの観光なのかはなんとも言えませんが少なくても鉄道マニアのような人ばかりと言う感じではなく観光客っぽい人が多いような印象を受けました。

そして私もそのまま列車を見送りました。見送っていたギャラリーもそこそこいましたが、同様にマニアっぽい人はいなくて私のようにたまたま見たような雰囲気の人たちばかりでした。乗車された方はどんな列車旅をされたんでしょうね。う〜〜ん、なんだか羨ましい!

この後は私が利用するしなの鉄道が出発する番です。次回以降別場所での観光の様子をお伝えしようと思います!

「特急信州」の発車する様子を軽く動画にしてますので合わせてご参考下さい。

 

-旅行

© 2022 695TFのブログ Powered by AFFINGER5