食事

(大阪王将x日高屋)ニラレバ定食を食べ比べて見た結果、、、

先日ですが久しぶりに大阪王将に行って食事して来ました。

その時の行動していた場所から思い付いて行って見たのですがその時にニラレバ定食を食べて見ました。普段日高屋で食べている同じメニューと比較して感じた事をブログして見ようかなと思いまして記載します。

この時は食べるのを決めていた訳では無かったのですが目に付いてレバニラ炒め定食を注文して見ました。日高屋はニラレバですがそれぞれの店舗で拘りなり思い入れが有るのかたまたま入れ違いに名前がなっているだけかは分かりませんが、大阪王将では「レバニラ炒め」定食です。お値段は880円ですね。記憶では大阪王将でこのメニューを注文するのは初めてかもです。13番も15番も気になりますね。少しずつ次回以降に新規開拓して見ようとこの時には思った次第です。

と言う事でこちらが出て来た大阪王将のレバニラ炒め定食です。見た感じ最初に思ったのは日高屋のそれより量が多いかなと感じました。

実際に食べて見るとまず感じたのがレバー肉が一つ一つ厚みがあって量も有りましたね。次に味付けですが単品でも食べられるようにしている意味合いなのかは分かりませんが、ご飯が無くてもこれだけで食べられる味付けでしてここでも日高屋のそれとは異なる印象でした。ご飯、スープと共にとても美味しく頂きました。美味しかったと思いましたね。

そして大阪王将の少し前に食べた日高屋のこちらは「ニラレバ炒め」定食です。名前の順番は異なりますが同じメニューです。こちらは店舗が普段の行動範囲内に有るので定期的に食べている日高屋の定番メニューです。

大阪王将と比べるとお値段は200円程安いですね。この辺りは流石の日高屋でしょうか。何を食べてもコストパフォーマンス良く手頃に食べれますね。

実際に200円分の価格差が有るのかと言う部分ですが、正直有りましたね。

勿論日高屋のが不味いと行っている訳では無くこれからも定期的に行くのは変わり有りません。

まず感じたのがレバー肉の量と厚みです。大阪王将のを食べると日高屋の方は薄く食感や食べ応えに違いを感じてしまいます。次に味付けですが日高屋の方は味が濃いので個人個人で感覚が異なる所では有りますが、ご飯が必須と言う味付けです。逆に言えばご飯が進み易い味付けでして、単品で食べるなら大阪王将を選ぶかなと言うのが感じた印象です。しかし200円安くここまでのクオリティーで提供する日高屋もこれはこれで充分なレベル感です。

大阪王将はこの時に行った店舗もそうですが現金オンリーが多いですね。そう言う意味では日高屋の方が利用し易く、大阪王将はもう少しキャッシュレス決済が出来る店を増やしてくれるようにお願いしたい所です。

と言う事で何を重視するか等で変わりますがどちらも選択肢としてはアリだと思いますので、これからもその時々で使い分けて美味しく頂ければと思ってます。

 

 

 

 

-食事

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5