旅行

(2020年3月)「リゾートしらかみ」を利用して初めて五能線を旅しました!

このブログはみんカラで記載したエントリーを移行して改変したブログです。

2020年3月は秋田県を旅行してまして、秋田市内・男鹿駅・横手市内等を初日は回ってましたが、秋田駅直結のホテルに宿泊した翌日は前から興味が有りました「リゾートしらかみ」による五能線の旅をしましたがその様子となります。

宿泊した秋田駅直結の東横インは朝食が無料で付いてますので食事しました。
食事が朝出来る時には良いなと思うのですが、早朝出発等で朝食を取れない人は損ですよね。無料で付いていると言うのは言い換えるとその分の費用が宿泊費に含まれると考えると、自分的には朝食取れる時には利用を考えますが、利用出来ない時には違うホテルを選びますね。今回は美味しく頂きました。

ホテルからの眺めです。前日に続いてこの日も天気が良かったです。

今回の旅のメインとして五能線に乗車して見ようと思ってまして、前日に秋田駅到着後に指定席を購入してました。海側の席が取れたので良かったです。残り少なかったですが、、、。逆に海側ではない席はガラ空きでしたね。乗車券は勿論18切符です。「リゾートしらかみ」は18切符で利用出来るのが有難いですね。

切符を確認してチェックアウトです。
駅直結ですので結構ギリギリまで部屋にいる事が出来て良かったです。

案内を確認してホームに向かいます。

列車は既にホームに待っていてくれてました。
「くまげら」と言う名前のこの列車は3号機と確か放送で案内してました。

自分の車両は1号車で一番奥でしたので車内見ながらホームを歩いているとこのような座席がありました。数人で行く時には良さそうですね。

自分の席に乗り込みます。
足元が広くてこれなら快適そうです。少し後ろにリクライニングしても大丈夫そうですね。

運転室手前にこのようなシートが有りましてここでも談笑しながら景色見れそうです。色々と趣向を凝らしているんですね。

発車して暫くは奥羽本線を走り東能代駅まで来ました。
この駅が五能線の起点となる駅です。ここから五能線に入りますが、この駅でスイッチバックして五能線内を走行しますのでしばし停車です。

ホームには列車を改造したような待合室がありました。
イラスト的にはこの電車のようなイラストで五能線をアピールしてます。
列車内は殆どが観光客ですのでこのあたりの写真を撮ったり、スタンプを記念に押していたりして停車時間内を過ごしてました。

と言う事でスイッチバックして五能線内に入ります。
左側の線路は奥羽本線でして、この線路を利用して向こうから手前側に走って来て東能代駅に到着後にスイッチバックして少し来たところを戻り右側に折れて五能線内に入ると言うイメージです。

最初の駅がこちらの能代駅です。
能代と言えば、、、

やっぱりバスケットですよね。
駅ホーム一杯に「バスケットの街」をアピールしてましたね。

少し停車してましたので改札を出て見ました。これから行く五能線の下り方面はやはり圧倒的に本数少ないですね。リゾートしらかみは快速電車なので各駅止まる電車となるとかなりの少なさで、やはり車移動が基本ですね。

駅前と駅舎はこんな感じです。
このようなローカルな場所でバスケットボールの強豪チームがあるのですから驚きです。

出発を待つリゾートしらかみとこれから行く方面を見た写真です。
本格的にこれから五能線と言う感じですかね。

能代駅から暫く走ると日本海に出ました。ここから暫くは景色の良い五能線の旅を味わえます。何も考えずに日本海の景色を見ながらの乗車はなんとも贅沢な時間の過ごし方に感じました。素晴らしいですね。

途中のこちらの駅でしばし停車です。

ホームに出て見ました。穏やかな天気で寒くもなく良い感じだったのを覚えてます。
こちらの駅は大正時代からと言う事で勿論駅舎は建て替えられていますが歴史ある駅です。昔はこの辺りも賑やかだったんでしょうね。

時刻表はこんな感じです。
観光客が途中駅を降りて次の電車に乗車して旅を続けると言うのは難しそうですね。今回のように乗り通すと言うのが現実的な雰囲気です。

駅舎はこんな感じです。

ここで停車したのは上り電車と入れ替える為で、反対側からの電車が来ました。
これも快速ですので各駅しか止まらない駅は本当に本数が少なそうです。

と言う事で電車の入れ替えが終わり、更に五能線を北上します。

座席が一号車でしたので運転室前にもたまに来てました。
この辺りは代わる代わるに色々な人が景色をここから見てましたね。

この辺りの景色は素晴らしく晴れている日も良いでしょうが、夕方や雪の日等もきっと素晴らしい景色なんでしょうね。

この辺りで少しビデオにもして見ました。運転手さんも運転していて気持ちよいものなんでしょうかね。仕事なので集中してそれどころでは無いんでしょうけど。

この辺りも見晴らしが良く、何も考えずぼんやり景色見ながら乗車してました。

こちらの駅から多くの人が乗車しました。
この付近に宿泊した人でしょうかね、団体客かな、、、。

更に景色を見ながら乗車し続けていると、、、

主要駅の一つである深浦駅です。
ここまで来るとはるばる来たなと言う印象ですね。

駅舎はこんな感じです。
五能線自体の本数も少ないので、これで待合室含めて充分と言う事ですかね。

ここで上り電車のリゾートしらかみと入れ替えです。
この電車でも多くの観光客が乗車してました。

深浦を過ぎると更に海沿いを走行します。本当にギリギリのところを走行してます。

千畳敷を通過します。
このリゾートしらかみですが、このような観光地を通過する時にスピードを落としてゆっくり見させてくれます。観光列車としての役割をしっかり果たしてくれて素晴らしいですね。

続けて主要駅の一つである鰺ケ沢駅です。
ここから予想外のサービスをして頂きました。

私が乗車した一号車に三味線のパフォーマンスを鰺ケ沢駅から五所川原駅まで行って頂けると言う事で演奏を生で聞かせて頂きました。

景色見ながら三味線を聞くと東北・青森に来たんだなと旅情を感じます。
ちなみに他の号車の乗客には車内放送用のマイクを通して聞くと言う感じでして私は演者がいた一号車に乗車してましたのでラッキーな事に直に聞かせて頂きました。このようなパフォーマンスのサービスを頂けるのは予想外の素晴らしいサービスでしたね。

三味線の生演奏を終えた頃に五所川原駅に到着です。
津軽鉄道はいつか乗車して見たいですね。帰りの関係と乗り継ぎが良く無いので今回はこのまま乗車です。

五所川原駅を過ぎると岩木山やリンゴ畑等の津軽平野らしい景色を堪能出来ます。今までの日本海・海岸線の景色とは異なりこれまたこのエリアらしい様子を見れます。

奥羽本線の線路が見えて来ました。こちらの駅で五能線は終わりで奥羽本線と再び合流です。

リゾートしらかみは青森駅まで行きますが私は弘前駅で下車です。

と言う事でこうしたリゾートしらかみでのローカル線旅を終えました。
この電車での五能線旅ですが、日本海や津軽平野の景色もあり三味線も聞けて18切符と500円少々の指定券だけで大満足の旅となりました。非常に素晴らしい経験をさせて頂きました。

と言う事で状況が落ち着いたら是非このリゾートしらかみで五能線旅を堪能して頂きたいですね。非常にオススメです!

 

-旅行

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5