食事

本家 アロチ 丸高 でこの日最後の和歌山ラーメンを食べました!

和歌山マリーナシティからの続きです。

無事に南海電鉄の和歌山市駅行きのバスに乗車して後は東京へ戻るだけとなりました。

バスは1時間に一本間隔ですので乗車したバスを逃すと間に合わなくは無いですが全く余裕がなく逆に乗車したバスであれば少し時間あるスケジュールです。バスに乗車中に南海電鉄の状況を確認すると遅れもなく通常運転でしたので和歌山市駅に近い場所で最後の和歌山ラーメンを食べようかなと言う気になり車内で検索して見ました。

検索した結果、和歌山市駅に到着する少し前のバス停で降りれば有りそうなので途中下車してお店に向かったのですが、残念ながらお休みでしたw、、。井出商店で食べてから3時間は経過してますし、フライトは夜遅くですので羽田空港に到着したら食事等はせず直ぐに帰らないと電車の問題も有ります。そして何より検索していて頭が和歌山ラーメンを食べるモードになってたのでその場で再度検索して、和歌山市駅からは遠くはなってしまうのですが、JR和歌山駅方面に歩くと有りそうでしたので少し歩いて別のお店に行く事にしました。

そして漸く辿り着いたのがこちらの本家 アロチ 丸高 さんです。

店の外観を見て思ったのがこれは期待出来そうだと。失礼ながら昔食べたラーメン屋さんってこんな感じだったよなと思いながら店内に入ると店内もそんな感じでした。良い意味でレトロ感あって美味しいラーメンを出す雰囲気を醸し出してましたね。営業開始したばかりだったせいか、私含めて4人くらいのお客さんでしたが皆さん地元っぽい方でした。

 

このような説明を見て頼まない訳には行かないなと思いまして、中華そばと早寿司を注文しました。

もうこの後は家に到着するまで食べる時間は無いですしね。

こちらは井出商店のようにテーブルにあるのを取ると言う訳では無く注文したら先に持って来て頂きました。中華そばを待っている間に待ち切れずに先に頂きましたが、本当にこれは美味しいですね。

和歌山ラーメンと一緒に食べるから美味しいと言うよりもこれはこれで単独で非常に美味しいので東京のラーメン屋さんでも出してくれないかなと真剣に思いましたね。

そしてこちらが本家 アロチ 丸高の中華そばです。

こちらの中華そばも見た目は濃いのですが、非常に優しい醤油豚骨でして普通に美味しくスープを頂けますね。こってり感が見た目とは異なり無いので誰でも癖なく安心して頂く事が出来る感じです。

麺やチャーシューの出来も良くて夜になって冷えた体に染み渡った感じがしましたね。

とても美味しかったと思いました。

結局今回の日帰り弾丸旅でラーメンまるイ 十二番丁店井出商店に行って最後にこちらで締めた形となった訳ですが、どれも甲乙つけがたい内容でした。こちらでこの日3件目でしたが食べ飽きる事無く最後まで美味しく頂けたのでそう言う意味ではこちらのお店も美味しかったんだなと改めて思う次第です。

和歌山市へ行った際には皆さんも和歌山ラーメンを色々と食べて見て頂きたいですね!

 

-食事

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5