旅行

女性?!副操縦士の初フライトに遭遇!・JAL687便 東京羽田・宮崎搭乗記

少し前ですが人生初めて宮崎県に行って来ました。宮崎県に行く事になったのはJALのどこかにマイルで行き先が決定した為ですが、初めて訪問する県ですので久しぶりに日帰り旅行とは言え気分的にはワクワク感が有りましたね。

今回のフライトは8時の羽田発なので寝坊しないように目覚ましを二つセットして予定通り無事に7時前に到着出来ました。早朝フライトはここまで間に合う時間に到着出来るのか毎回が山場でしてここまでくれば本当に一安心です。この時間はモノレールも非常に混雑していて外の様子をカメラで写してと言うような雰囲気は全く有りませんでしたw。

モノレール駅から2階の出発フロアーに行くと結構な人がいましたが、やはりコロナ前の状態には程遠い感じで残念と言うか仕方ないと言うのかは人それぞれですが、昨年はともかく2年連続だとやはりうんざりと言うのが率直な感想ですよね。JGCのセキュリティは数が少ないので通常のセキュリティの方が相対的に空いているのではとも思いましたが、大幅な差は無さそうでしたのでこちらから入ります。

サクララウンジは眺めが良いので嬉しいですね。「いよいよフライトだな」って言う気分にさせてくれるような気がします。コンビニで購入したパンを食べながら少し休憩です。

今回の飛行機はこちらでして、ラウンジのほぼ真下でした。ラウンジから眺めていた飛行機が利用する飛行機だったと言う事です。宮崎のような(失礼ながら)地方行きは少し端の方の搭乗口を利用するのかなと思ってましたが非常に楽でしたね。

今回のフライトはこちらです。この前のJALのどこかにマイルでは熊本に行ったのですが、その時も8時出発でした。偶然ですが今年の春には同じくJALのどこかにマイルで宮古島に行きまして、沖縄(那覇)と鹿児島はANAのSFC修行で行きました。そして熊本と今回の宮崎と言う事で九州(南部)と沖縄県を今年は集中して行く事に偶然ですがなってます。

一応サファイアステータスなので今回も優先搭乗で入らせて頂きました。機内に入って直ぐに気が付いたのは国際線機材だったと言う事です。事前に分かっていれば当日のクラスJの空きを見ていたのですが全く頭に入って無かったです。

そしてこちらが私の席です。エコノミーでも座席自体は全然悪く無いですが、1000円足して国際線のビジネス席に座れるのなら試して見たかったなと思ったのは事実です。

と言う事で今回の機材は国際線の737-800です。

国際線機材はディスプレイとリモコンが付いているのですが、国内線利用の場合には何も使えないので正直全く意味を成しません。フットレストがあるのは嬉しいですが、、。それに国際線機材は機内WiFiサービスも使えないので正直エコノミー席で利用する分には国内線の方が全然良いと思います。クラスJだと話は別かも知れませんが、、。

時間になって宮崎へ向けて機体が動き出しました。事前の予報では宮崎県もこの日は天気が良かったので一安心です。この前に搭乗した熊本では現地の天気が酷かったので続かなくて助かりました。

ディスプレイの利用はこの安全ビデオだけです。6月にA350を利用して沖縄・羽田間のフライトをしましたが、その時にディスプレイで安全ビデオを見た記憶がまだ残っていただけに時代の移り変わりが早いなと感じます。明らかにディスプレイの大きさや解像度を始め何から何まで差が有り過ぎるなと思いました。

離陸して暫くは千葉方面にフライトして、海ほたる上空で旋回して宮崎へ向かいました。分かり易くてどこをどうフライトしていると言うのがイメージ出来て自分的には良かったです。

神奈川県上空でシートベルト着用サインが消えたのですが前の人がその瞬間にガッツリ座席を下げられました。本当にイラっとしましたね。背は低かったような印象でしたが太っている人だったので仕方がないと自分に言い聞かせて我慢しました。加えてこの人は何度もトイレに行ったり来たりで席に座る度に勢いよく座るので後ろの人への配慮もあったもんでは無かったです。私と同じ優先搭乗で入ってたのでこのような周りへの配慮の気が効かない利用方法を毎度しているのかなと思うと残念な人に思えました。

暫くすると富士山が見えました。今回も事前に富士山どっちで調べてたので天気が良かった事も有り見えるだろうなと思ってたのである意味予想の範囲内でしたが頂上付近に雲が掛かっていて少し残念な感じでした。まぁこういう時も有りますね。

機内はこんな感じで搭乗率は50%前後と言う感じだったでしょうか。私は後方座席でしたので周りは空いてましたが前方は埋まっていた印象です。

機長からの案内があったのですが、声の声質から今回は女性機長(副操縦士)さんのようです。(間違っていたら申し訳ありません。)飛行機の世界にも女性機長がいらっしゃるんだなと思いながら聞いていたのですが、途中からは「今回が初フライト」と言う事でご挨拶も有りました。凄いタイミングで当たったなと思いながら聞いてしまいました。子供の頃からの夢を努力して実現している事は素晴らしい事です。これからも頑張って頂きたいですし、私もまた別のフライトで利用出来たらなと思いましたね。初フライト前の前日は緊張して眠れなかったのかとか、羽田・宮崎路線にたまたま割り当たったのか、或いはこの路線が最初に当たりやすいのかとか色々と気になる事はありましたが、でも初フライトを素晴らしい天気の中で出来て良かったのではと思います。これからも応援したいですね!

ところで最近電車の運転手では見かけるようになりましたが、飛行機の世界でも既に結構いらっしゃるんですかね?

ドリンクサービスは今回もスカイタイムです。私の列は他にいなかったので前の太っている男性がガッツリ座席を下げた事もあり中央席に置いて美味しく頂きました。

フライト後半になると恐らくこちらは四国の室戸岬だと思いますが見えて来ました。以前に車で行った事がありましてその時には高知から室戸岬を経由して徳島へドライブしてました。

そして暫くすると今度は足摺岬近辺と思われる箇所が見えて来ました。こちらも以前にドライブして来ましたが、高知市内から予想以上に時間が掛かり、高知県の広さを肌で実感致しました。こちらも良い所でしたね。

宮崎空港は海沿いに有るので陸が見えて来たなと思ったら空港に着陸って言う感じです。今回の航路上では揺れるような所もなく天気が良くて景色も色々と見えたので良いフライトになりました。何より女性副操縦士さんの初フライトに搭乗出来て記憶にも残りましたね。

と言う事で人生初の宮崎県入りです。女性副操縦士さんはホッとしているのかなと思いながら機体方面を少し見てしまいました。それでもこれから直ぐに次のフライトだと思うので頑張って頂きたいと思いましたね。

一連の様子はビデオに纏めてますので宜しければご覧下さい。

この日の宮崎県は非常に天気が良くて酷暑と言っても良いような天気でした。

日帰りで夕方にはこの空港に戻って来なくてはいけませんが、半日の宮崎県内の観光の様子は次回でと。

 

-旅行

© 2021 695TFのブログ Powered by AFFINGER5